« 2009/06/16 Tue *原石では / Al Kooper & Shuggie Otis | トップページ | 2009/06/19 Fri *彷徨い続ける / Jimi Hendrix »

2009/06/17 Wed *ぼくらは / RCサクセション

20090617covers


ぼくは。
いままでも。
いまも。
これからも。

歌おう。
笑おう。
飲み明かそう。
そして。
これからも。
語ろう。
伝えていこう。
いちばん。
なによりも。
大事なことを。
大切なことを。

それが。
同じ時代、同じ国に。
生きてきた。
歩んできた。
ぼくに。
できること。

『Covers』'88年リリース。
前作『Marvy』から僅か半年のインターバルでリリースされたRCサクセションのアルバム。
しかも『Marvy』は(アナログ盤では)2枚組だったので、この時期の清志郎の創作意欲が如何に旺盛だったかと。
初のソロ・アルバム『Razor Sharp』の制作とそのアルバムを携えてのツアーで何かを掴んだかの清志郎。
少なくともライブ以外ではやや煮詰まっていた感のあったRC、清志郎の転機となったアルバム。
慣れ親しんだ、大好きな洋楽のカヴァーの体裁をとることで清志郎の言葉から歌から迷いが無くなって。
真直ぐに。そして簡潔に。その言葉が歌が。その思いが。怒りと、そして何より楽しんでる様が伝わってきます。
反核、反戦とか。あの発売中止に纏わる一連の騒動とか。切り離して語ることは出来なくなってしまったけど。
今は。清志郎が元々意図していたらしい、只のポップ、ロック・アルバム故の楽しさ、力強さを感じていたいなと。
清志郎の言葉を歌を。それだけを感じて受止めていたいなと。そして伝えていきたいなと。只そう思うのです。

ぼくらは。
いままでも。
いまも。
これからも。

歌うだろう。
笑うだろう。
飲み明かすだろう。
そして。
これからも。
語り明かすだろう。
伝えていくだろう。
いちばん。
なによりも。
大事なことを。
大切なことを。

それが。
同じ時代、同じ国に。
生きてきた。
歩んできた。
ぼくらに。
できること。

ぼくらは。
薄着で笑うだろう。
ぼくらは。
薄着で笑い続けるだろう。
ぼくらは・・・

清志郎。
それでいいかな。
清志郎。
それでいいよな。
清志郎・・・

ぼくらは。
忘れない。
いままでも。
いまも。
これからも。
ぼくらは、ね。

|

« 2009/06/16 Tue *原石では / Al Kooper & Shuggie Otis | トップページ | 2009/06/19 Fri *彷徨い続ける / Jimi Hendrix »

005 Japanese」カテゴリの記事

017 RC サクせション」カテゴリの記事

コメント

6月17日中野のDJ BAR Smash'07でのセットリストです。

001. Green Onions/Booker T. & The M.G.s
002. Soul Men/Sam & Dave
003. Knock On Wood/Eddie Floyd
004. Sweet Soul Music/Arthur Conley
005. In The Midnight Hour/Wilson Pickett
006. The House Of The Rising Sun/The Animals
007. Paint It, Black/The Rolling Stones
008. Gloria/Them
009. I'm A Man/The Spencer Davis Group
010. Sha-La-La/Manfred Mann
011. Happenings Ten Years Time Ago/The Yardbirds
012. Sunshine Of Your Love/Cream
013. Scarborough Fair/Simon & Garfunkel
014. Eye Of Destruction/P. F. Sloan
015. Blowin' In The Wind/Bob Dylan
016. (Sittin' On)The Dock Of The Bay/Otis Redding
017. よォーこそ/RCサクセション
018. 自由/RCサクセション
019. 言論の自由/RCサクセション
020. サマーツアー/RCサクセション
021. トランジスタ・ラジオ/RCサクセション
022. 君が僕を知っている/RCサクセション
023. ミスター・TVプロデューサー/RCサクセション
024. Johnny Blue/RCサクセション
025. 打破/RCサクセション
026. スロー・バラード/RCサクセション
027. い・け・な・いルージュマジック/忌野清志郎+坂本龍一
028. ロックン仁義/The Timers
029. サン・トワ・マ・ミー/RCサクセション
030. ガ・ガ・ガ・ガ・ガ/RCサクセション
031. 雨上がりの夜空に/RCサクセション
032. 夜の散歩をしないかね/RCサクセション
033. ドカドカうるさいR&Rバンド/RCサクセション
034. ぼくの好きな先生/RCサクセション
035. 指輪をはめたい/RCサクセション
036. 上を向いて歩こう/RCサクセション
037. Strawberry Fields Forever/The Beatles
038. Ruby Tuesday/The Rolling Stones
039. San Francisco(Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)/Scott McKenzie
040. 25 Or 6 To 4/Chicago
041. Get It On/Chase
042. Born Under A Bad Sign/Albert King
043. I Shall Be Released/The Band
044. Califolnia Dreamin'/The Mama's And The Papa's
045. Maybe/Janis Joplin
046. Love Me Two Times/The Doors
047. Summertime Blues/The Who
048. Wild Thing/Jimi Hendrix
049. With A Little Help From My Friend/Steve Cropper
050. Try A Little Tenderness/Otis Redding
051. イマジン/RCサクセション

今回は清志郎に捧ぐとして。
RC、清志郎、そして清志郎がカヴァーした、清志郎が好きだったソウルを、ロックを。
基本洋楽のお店なのですがマスターの配慮で特別な夜とすることができました。
個人的にはやっと清志郎の野辺送りが出たかなと・・・
そして。これからもRCを、清志郎を聴き続ける、回し続けるでしょう。

投稿: TAC | 2009-06-22 00:03

先週は楽しい夕べをありがとう。久しぶりに顔を見れたし、ツボにはまる選曲でたのしかったよ。またいつでも俺達を呼んでくれ。ビンビンにぶっ飛ばしてくるぜぃnote

投稿: イトウ | 2009-06-22 23:56

イトウさん、楽しい夕にぶっ飛んできてくれてありがとうございました。
感謝しま~す。やっぱり俺が回す時はイトウさんがいないと駄目だね(笑)。
次回は残暑厳しき折になりそうですが・・・また呼びますのでビンビンに決めて宜しくです!

投稿: TAC | 2009-06-23 01:36

怒涛のRC攻撃ですね!
同じ日、吉祥寺でチャボさんは古井戸バージョンの「のんだくれジョニー」を唄ってくれました。
しんみりすることなく、伸ちゃんと清志郎さんの曲やってくれました。
ライブとして楽しんで来れました…が、清志郎のライブの代わりにはならないんだな、と実感した日でもありました。

Mr.TVプロデューサーは5/2から私の頭を流れていた曲です。
清志郎の変わらない想いが詰まってる、かわいい歌ですねo(^-^)o

投稿: こべに | 2009-06-23 21:47

僕は来月の三宅さんの藤沢LIVEに行ってきます。

投稿: イトウ | 2009-06-25 23:10

こべにちゃん。
「のんだくれジョニー」唄ってくれましたか。そっかぁ。
そうそう古井戸の曲だったんだよね。こちらの「Johnny Blue」は友達からのリクエストでした。
「Mr.TVプロデューサー」はこべにちゃんへのプレゼントになったかな(笑)。

イトウさん。
イトウさんも三宅さん好きなんですか。そうか。そうですよね。


清志郎の変わりはいない。そうなんだな。そうなんだよね。
で、CHABOの変わりも、伸ちゃんの変わりもいないんだよね。
だから。うん。まぁ、これからもライブとか一枚のレコードとかに、
一期一会の気持で向き合いたいなと思います。なんてね(笑)。

投稿: TAC | 2009-06-26 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45415001

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/17 Wed *ぼくらは / RCサクセション:

« 2009/06/16 Tue *原石では / Al Kooper & Shuggie Otis | トップページ | 2009/06/19 Fri *彷徨い続ける / Jimi Hendrix »