« 2009/06/17 Wed *ぼくらは / RCサクセション | トップページ | 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char »

2009/06/19 Fri *彷徨い続ける / Jimi Hendrix

20090619bandofgypsies


こうして。
並んで。
杯を酌み交わして。
言葉を交わして。
構えることも無く。
意識することも無く。
ただただ杯を重ねて。
ただただ時が過ぎて。
率直に。そのままに。
言葉を発して。耳を傾けて。
胸元を開いて。思いを受止めて。

なぜ。
どうして。
あの頃。あの日。あの時。
こうしなかったのか。
これを続けなかったのか。

『Band Of Gypsys』'70年リリース。
エクスペリエンスを解散させたジミ・ヘンドリックスがビリー・コックスとバディ・マイルスと組んで。
バンド・オブ・ジプシーズと名乗っての同年1月1日の2回の公演で収録されたライブ・アルバム。
(英国盤のオリジナル・ジャケットがこのジミとブライアン・ジョーンズ(?)のパペットを使ったものでした)
メジャーになる前の契約に縛られての制作だったことや、自らのスタジオ作りに追われていて準備不足だったり。
諸々の事情からジミ自身はこのアルバムを評価していなくて。演奏自体にも不満があったとのことですが。
う~ん。いやここで聴ける演奏も十分に凄いなと思うのですが。ジミの目指すものでは無かったのでしょうか。
確かにヒット・メイカー、ポップ・アイコンとしての役割も(ジミの意志は別として)背負っていた当時としては。
あまりに。ゆったりと大胆なうねりを伴ったこのアルバムでの重さは異質であって。纏まりにも欠けるかなとも。
しかし。ここで聴けるこのうねり、重さが。やがて訪れるファンクの隆盛を先取りしていた感もまたあるのです。
ジミ自身も定まらず。他の2人と十分に交感するだけの時間も足りず、何かも欠けたままだったのでしょうが。
そんなジミの彷徨いの軌跡を耳にすることには十分すぎる価値があるし、そして・・・
今も彷徨い続けているであろうジミの頭の中で、心の中で何が鳴っているのかと、つい思いを馳せるのです。

こうして。
笑って。
杯を酌み交わしても。
言葉を交わしても。
どこかで構えていて。
どこかから意識していて。
どんなに杯を重ねても。
どんなに時を過ごしても。
率直になれず。そのままでいられず。
言葉は途切れて。耳を塞いで。
背中を向けて。思いなどあるのも知らず。

なぜ。
どうして。
あの頃。あの日。あの時。
そうしていたのか。
頑なに拒み続けていたのか。

そう。
確かに。
あの頃。あの日。あの時にも。
素直に。そのままに。受止め合える時間もあった。
あったけど。
続けていくには。その先を見るには。
何かが足りなかった。何かが欠けていた。
だから。そこまで。
だから。そこから。

今だったら。
今からなら。
時が解決。
只の憧憬。
どちらも真実。
どちらも幻影。
だから。今も。
定まらず。彷徨い続ける。

|

« 2009/06/17 Wed *ぼくらは / RCサクセション | トップページ | 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

ジミ本人が気に入ってなかったとは!意外でした。
私はこれが一番好きだ。

今月も行きそびれてしまった。次のDJは8月中頃でしょうか。
是非行きたいです。

投稿: メリタポ | 2009-06-29 01:10

契約が無けりゃリリースさせなかったと言ってたそうです。
まぁ、あの頃のジミは次が見えそうで見えなくて・・・不安定だったのかも。
十分に凄いレベルなんですけどね。
でも、これが一番って人は珍しいかも(笑)。

次回DJは8月19日(水)予定です。是非遊びに来て下さい!

投稿: TAC | 2009-06-29 03:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45419752

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/19 Fri *彷徨い続ける / Jimi Hendrix:

« 2009/06/17 Wed *ぼくらは / RCサクセション | トップページ | 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char »