« 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char | トップページ | 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones »

2009/06/21 Sun *買出し / The Who

20090621sellout


どんな日でも。
どんな時にも。
例えばこんな。
一日中雨が降っていて。
閉じ込められたまま暮れていく。
そんな週末、そんな日曜日でも。
そんな日曜日の夕暮れだからこそ。
さぁ、気合を入れて。
さぁ、リュックを背負って。
ちょっと先のスーパーまで。
さぁ、買出しに出かけよう。

『Sell Out』'67年リリース。
ピート・タウンゼンドのポップ感覚がサイケの時代と相俟って見事に開いた感のあるザ・フーの3rdアルバム。
ジャケットもポップと言うか何と言うかですが。何でも本物の広告を掲載する予定もあって交渉もしていたとか。
このキッチュな感覚もフーの、ピートの個性の一つですが。その発露はジャケットだけに止まっていなくて。
中身も。曲間にジングルを挟んだりして。架空のラジオ局のラジオ・ショーにも聴こえる様になっていたり。
この演出はザ・フーもその恩恵を被っていた海賊ラジオ局へのオマージュとの側面もあったみたいです。
とかなんとか。様々な意匠を凝らしながら。大きなテーマは無くとも。キラキラと輝くナンバーを集めて。
まとめて一つの商品として更に質を高めて、更に魅力的に見せてしまう。実に鮮やかなピートの手腕です。
こんなラジオ・ショーがあったら御機嫌だろうなと。実にカッコいい「I Can See For Miles」を聴きながら思うのです。
デビューして2、3年。次のアルバムが『Tommy』ですから。物凄い進化、いや深化だったのだなとも。
ところで。このジャケット。英米ともピートの隣はロジャーなのですが。この日本盤ではキースになっています。
これって。キースが日本で人気だったってこと?(ロジャーが不人気だったとか)それとも単なるミスでしょうか・・・

こんな日でも。
こんな時にも。
例えばそう。
そぼ降る雨のせいだけじゃなく。
なんとなく消化不良のまま終わろうとする。
そんな週末、そんな日曜日でも。
そんな日曜日の夕暮れだからこそ。
さぁ、気合を入れて。
さぁ、カートを押して。
こっちの棚からあっちの棚まで。
こっちの売場からからあっちの売場まで。
さぁ、買出しだ。

あの広告のはどこだろう。
あっ、これも安いから。
おっ、これは珍しいよね。
そうそう、これそろそろ無くなりそうだったよね。
どれどれ、これさぁ、試してみない。

さぁ、気合を入れて。
さぁ、リュックに入るだけ。
さぁ、買出しだ。

広告見て。チラシ読んで。
セール品は必ずチェック。
買出し・・・好きなんですよねぇ(笑)。

|

« 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char | トップページ | 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45426714

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/21 Sun *買出し / The Who:

« 2009/06/20 Sat *空模様のかげんが / Char | トップページ | 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones »