« 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones | トップページ | 2009/06/25 Thu *新たな / Brinsley Schwarz »

2009/06/23 Tue *街の灯りが / Little Feat

20090623lastrecordalbum


街の灯りが。
綺麗で。
遠くて。

贅沢は言えないが。
ちょっとばかり。
暮らしてる街からは。
距離のある場所で。
過ごす時間の多い日々が続いている。
勿論。毎日。
その街に。家に。帰っていはいるけれど。
一日の大半を離れて過ごすのは。
寂しくて。心細くて。
ついつい窓の外に目を向ける。

街の灯りが。
綺麗で。
遠くて。

『The Last Record Album』'75年リリース。
例によってネオン・パークの描くジャケットも強烈な印象を残すリトル・フィートの5thアルバム。
ご存知の様にアルバム・タイトルはあくまでもジョークで。決してラスト・アルバムではありません。
(尤もリリースされた当時には誤解するファンもいた様で。その誤解を解く為の広告もされたとか)
リトル・フィートと言えばやはりローウェル・ジョージであり、そのギターなのですが。
このアルバムでは他のメンバーの貢献も大きくて。ビル・ペインやポール・バレールも頑張ってるなと。
逆に言うと。ローウェルのギターがもっと聴きたいかなとも思うのですが。ギターの負担が軽く(?)なって。
心なしかそのヴォーカルにはその分も感情が入ってるかななってのは穿ち過ぎですかね。
しかし、リトル・フィートって不思議で。土埃や泥にまみれてそうな志向な音なのに何故か人工的なんですが。
これってやっぱり。たぶんにパークによるジャケットの影響も大きいかなと思うのですが。
特に。このアルバムのなんとも奇妙で、でもなぜか既視感もある街、ハリウッドなんてその象徴かなとも。

街の灯りが。
綺麗で。
遠くて。

贅沢は言えないが。
ちょっとばかり。
暮らしてる街からの。
距離が遠すぎるよな。
離れて過ごす時間は辛いよな。
勿論。毎日。
その街に。家に。帰れば落着くけど。
一日の大半は何だか浮いてるみたいに。
頼りなくて。不安で。
ついつい窓の外に目を向ける。

街の灯りが。
綺麗で。
遠くて。

恋しすぎて。
思いすぎて。
時に。
奇妙に。
あまりに。
人工的に。
見えることもあるけれど。
その足下にある。
優しさを知っている。
安らぎを憶えてる。
だから。

街の灯りが。
綺麗で。
遠くて。
恋しくて。

|

« 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones | トップページ | 2009/06/25 Thu *新たな / Brinsley Schwarz »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45485256

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/23 Tue *街の灯りが / Little Feat:

« 2009/06/22 Mon *消え去りはしない / The Rolling Stones | トップページ | 2009/06/25 Thu *新たな / Brinsley Schwarz »