« 2009/06/23 Tue *街の灯りが / Little Feat | トップページ | 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers »

2009/06/25 Thu *新たな / Brinsley Schwarz

20090625newfavorites_2


新たに。
そう。
新たに。
始って。
転がりだして。
当然。
場所も。人も。
空気も。文化も。
異なるので。

それならそれで。
そこにはそこで。
新たに。
探さなければ。
見つけなければ。

『The New Favourites Of Brinsley Schwarz』'74年リリース。
ニック・ロウ、イアン・ゴム、そして後のザ・ルーモアのメンバーを擁したブリンズリー・シュウォーツ。
派手さには欠けるものの極上で良質で。何よりも愛すべきサウンドを奏で続けたブリンズリーのラスト・アルバム。
本当に。胸躍る、そして心安らぐ、そしてそして思わずほくそ笑んでしまう素晴しさなのですが。
何故か商業的な成功からは徹底的に見放されて。知る人ぞ知る存在のままで。まぁ、それもらしくはありますが。
このアルバムでもA面頭の「(What's So Funny 'bout) Peace,Love And Understanding」なんて。
その後のソロ活動でも如何なく発揮されるロウのポップ・センスが全開になった御機嫌なナンバーで幕を開けて。
時に軽やかに。時に切なく。胸の内の手が届きそうで届かないところを軽く揺さぶってくれたりするのです。
その音楽性は実に伸びやかで、幅広く。ニュー・オーリンズ辺りまでもごく自然に手の内にあったりもして。
そうかと思えば「Trying To Live My Life Without You」なんかも実に小粋にカヴァーしていたり。
クレイが歌うと痛切なこのサザン・ソウルも。何だかまぁ、仕方ないかなぁ~って感じに聴こえるとこが流石です。

新たな。
そう。
新たな。
始り。
道行だからして。
当然。
行先も。人も。
道程も。操縦も。
異なるので。

それならそれで。
そこにはそこで。
新たな。
顔が、頭が。
思いがなければならなくて。

新たな。
顔が、頭が。
思いが。
探し出せたかな。
見つけられたかな。
新たな。
候補を。
お気に入りを。
どこまで。
いつまで。
引っ張っていけるかな。
ついてこさせられるかな。
楽しみでもあり・・・

まぁ、先ずは軽やかに。

|

« 2009/06/23 Tue *街の灯りが / Little Feat | トップページ | 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45490934

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/25 Thu *新たな / Brinsley Schwarz:

« 2009/06/23 Tue *街の灯りが / Little Feat | トップページ | 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers »