« 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers | トップページ | 2009/07/01 Wed *溶けるほどの / Small Faces »

2009/06/28 Sun *ありふれた / Eric Clapton

20090628theresone


ありふれた。
なんて。
嫌だなと思ってた。
そんなの否だと言ってきた。
いまでも。
何処かに。根底に。
変わらないものはあって。
隠し切れないこともあるけれど。

どこにでもいる。
誰かでいいと。
ありふれていたいと。
そんな心持ちになったりもする。
そんな日々が確実にある。

『There's One In Every Crowd』'75年リリース。
前作『461 Ocean Boulevard』に引き続いてレイドバックした雰囲気を漂わすエリック・クラプトンのアルバム。
その『461~』からのメンバーにマーシー・レヴィが加わって。'70年代のクラプトンを支えた面子が揃って。
いよいよ。ペースを掴んで。のんびりとゆったりと。思うがままに気儘に歌い、奏でるクラプトンがいます。
ゴスペルやブルースのカヴァーも決して重くならず。軽やかで伸びやかで。レゲエ・アレンジも心地良さ気に。
ここまでリラックスしてしまっていいのかなってくらい。とにもかくにも落ち着いて寛いだサウンドとなっています。
やれスローハンドだ、やれゴッドだと。騒がれることに心底参っていたクラプトンとしては。降りたかったんだなと。
降りてしまって。ただただ普通に歌って奏でて。それだけをやりたかった。それだけでいたかったんだなと。
アルバムのジャケットにも、そしてタイトルにもそんなクラプトンの心境が素直に表されている気がするのです。
昔は、そんなクラプトンが物足りなくて。歌じゃなくてもっともっとギターが聴きたいんだよなと。
だから『E.C. Was Here』とかの方が好きだったんですけどね。最近は。こんなクラプトンもいいよなって思います。

ありふれた。
なんて。
嫌だなと思ってた。
そんなの否だと言ってきた。
いまでも。
何処かで。根底で。
居心地が悪かったり。
何かが蠢くこともあるのだけれど。

どこにでもある。
それでいいのだと。
ありふれてるのも悪くはないと。
そんな心持ちを意識もせずに。
過ぎていく日々が此処にある。

ありふれた。
どこにでもいる。
どこにでもある。
でも。
ここにいる。
ここいいることを望んでいる。
それもまた。
自分なりの。自分だけの。
歩き方ではあるのだろう。
それはそれで・・・ね。

|

« 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers | トップページ | 2009/07/01 Wed *溶けるほどの / Small Faces »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

僕もこれが意外と好きなんだ。日曜日の昼下がりとかに聴くと良いよね。Better make it through todayとか隠れた名曲もあるし。

投稿: イトウ | 2009-07-02 08:23

まさに日曜の昼下がり的なアルバムですね。
クラプトンのバンドとしてもこの頃のタルサ・トップスが好きでした。
イヴォンヌ・エリマンのヴォーカルとかね。

投稿: TAC | 2009-07-04 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45495296

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/06/28 Sun *ありふれた / Eric Clapton:

« 2009/06/26 Fri *あっ、これこれ / The Doobie Brothers | トップページ | 2009/07/01 Wed *溶けるほどの / Small Faces »