« 2009/07/02 Thu *まぼろし / Ronnie Lane's Slim Chance | トップページ | 2009/07/04 Sat *扉を開けて/ The Doors »

2009/07/03 Fri *憶えてる / The Rolling Stones

20090703notwo_2


憶えてる。
そう。
憶えてるんだ。

この日を。
そう。
この日だけは。
忘れられずに。
憶えてるんだ。
それはどうなんだろう。
これはなんなんだろう。
忘れてしまうよりは。
憶えていないよりは。
こうして。
思いを巡らせる。語りかけられる。
それだけでも。
いいのかもしれないけれど。

『The Rolling Stones No.2』'65年リリース。
バンド名もアルバム・タイトルもクレジットされていないローリング・ストーンズの英国での2ndアルバム。
米国での2ndアルバム『12×5』もいいけれど。やっぱり渋さで勝るこのアルバムが個人的には好きなのです。
それに。やっぱり英国のバンドですから。本国でリリースされたこのアルバムが正統なんだよなとも。
所謂ヒット曲は含まれてなくて。オリジナルも僅かに3曲。殆どがブルースやR&Bのカヴァーで占められていて。
若き日のストーンズの趣味、志向が剥きだしになったアルバムが首位にたって20週以上もチャート・イン。
そんな幸福な時代の空気や匂い、記憶までもが溝の間から立ち昇ってくる様なアルバムなのです。
特に。「I Can't Be Satisfied」でも素晴しいスライド・ギターを奏でているブライアン・ジョーンズ。
ブライアンにとっては思う存分に。大好きなブルースやR&Bをプレイできて、それをみんなが受入れてくれて。
それだけで良かった。それだけで十分に満足だったんだろうなと。それが続けば良かったんだろうななどと。
そんな幸福の絶頂にあったであろうブライアンの思い、そして匂いが濃厚に感じられる気がしてならないのです。
ロンドンの片隅で手に入れたオリジナルのアナログ盤。ブライアンも聴いたそのモノラル盤に針を落として。
40年前の今日。あのプールに浮かんでいた金髪の天使に思いを巡らせ、一人語りかけるのです。

憶えてる。
そう。
憶えてるんだ。

この日を。
そう。
この日だけは。
忘れられずに。
憶えてるんだ。
それはどうしてではなく。
これはどうしようもなく。
忘れてしまうよりは。
憶えていたいのだと。
こうして。
思いを巡らせる。語りかけられる。
それだけでもと。
いいのだと言い聞かせてでも。

憶えてる。
そう。
憶えてるんだ。

僕の大切な。
僕の大好きな。
僕のかけがえのない。
いまもいつもここにあるもの。
それに名前を与えた。
それを転がし始めた。
それを牽引していた。
だから・・・

憶えてる。
そう。
憶えてるんだ。

|

« 2009/07/02 Thu *まぼろし / Ronnie Lane's Slim Chance | トップページ | 2009/07/04 Sat *扉を開けて/ The Doors »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45543388

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/07/03 Fri *憶えてる / The Rolling Stones:

« 2009/07/02 Thu *まぼろし / Ronnie Lane's Slim Chance | トップページ | 2009/07/04 Sat *扉を開けて/ The Doors »