« 2009/07/06 Mon *帰ってほしいの / The Jackson 5 | トップページ | 2009/07/08 Wed *ブルー・・・ / Otis Redding »

2009/07/07 Tue *雨よ雨よ / The Temptations

20090707wishitwouldrain


雨よ。
雨よ。
どうか。
振ってきて。
落ちてきて。
織姫と彦星には悪いけど。
年に一度の逢瀬を邪魔するなんて。
無粋の極みだけど。
暑いんだ。
蒸し暑くてたまらないんだ。
だから。
雨よ。
雨よ。

『Wish It Would Rain』'68年リリース。
デヴィッド・ラフィン在籍時の最後のアルバムとなったテンプテーションズの9thアルバム。
これで最後と、デヴィッドが力込めて、魂込めて、思い切り揺れて素晴しい歌声を聴かせてくれます。
この後にノーマン・ホイットフィールドと創り上げる『Cloud Nine』での新しいテンプス像を垣間見せながら。
初期のテンプスらしさも未だ存分に残っていて。その過渡期のバランスがいい塩梅だなと個人的には思います。
「I Could Never Love Another(After Loving You)」とか「Please Return Your Love To Me」とか素晴しく。
そして。何と言っても。タイトル曲におけるデヴィッドのソウルフルなヴォーカルとドラマティックなコーラスが。
その素晴しさが胸に迫ります。思わず胸に手を当てて。空を見上げてみたくなるほどなのです。
ホイットフィールドとバレット・ストロングによる楽曲自体も素晴しくて。フェイセズのカヴァーもいい感じでした。

雨よ。
雨よ。
どうか。
振ってきて。
落ちてきて。
調子に乗ってるあいつには悪いけど。
得意の絶頂で水を差すなんて。
いい気持では無いけれど。
暑いんだ。
暑苦しくてたまらないんだ。
だから。
雨よ。
雨よ。

抜けるような青空も。
照りつける太陽も。
むき出しの野心も。
いらないんだ。
そう。
いらないんだ。

雨よ。
雨よ。
振り出してくれないか。
落ちてきてくれないか。
雨に願いを。

|

« 2009/07/06 Mon *帰ってほしいの / The Jackson 5 | トップページ | 2009/07/08 Wed *ブルー・・・ / Otis Redding »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45595844

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/07/07 Tue *雨よ雨よ / The Temptations:

« 2009/07/06 Mon *帰ってほしいの / The Jackson 5 | トップページ | 2009/07/08 Wed *ブルー・・・ / Otis Redding »