« 2009/07/26 Sun *明日は、来週は、その先は / Original Sound Track | トップページ | 2009/07/28 Tue *いい感じ / Rita Coolidge »

2009/07/27 Mon *白黒 / Queen

20090727blackandwhite_2


やるのか。
やらないのか。
行くのか。
行かないのか。
任せるのか。
任せないのか。
やるなら。行くなら。任せるのなら。
これでいいのか。
ハッキリさせたはずなのに。
ハッキリ決めたはずなのに。
何を。
今頃。今更。
揺らいでいるのか。ぶれているのか。

『Queen Ⅱ』'74年リリース。
ミック・ロックによるジャケットが後々までバンドを象徴することとなったクイーンの2ndアルバム。
(「Bohemian Rhapsody」のプロモーション・フィルムにも流用されてましたっけ)
所謂A面がSide White,B面がSide Blackで。それぞれブライアン(1曲だけロジャー)とフレディのナンバーが。
Side Whiteではブリティッシュ・ハード・ロック・バンドとしてのクイーンが前面に出ていて。
デビュー時に一部でレッド・ツェッペリンの後継としての期待を集めた理由がよく解ったりします。
恐らくはブライアンやロジャーが好きだったのは、演りたかったのはこういう世界だったのだろうなと。
そしてSide Blackではロックの枠組を軽々と超えていってしまったクイーンが屹立しているのです。
フレディならではの過剰で猥雑で、だからこそ神々しくもあるドラマティックな世界がこれでもかと展開されます。
正直言って。これについていくのは他のメンバーはきつかったんじゃないかなとも思ったりしますが。
しかしやはり。これがあってこそ。クイーンは凡百のハード・ロック・バンドと一線を画したんだよなと。
アルバムとしては両面の、白黒の落差、相違がハッキリとしているところが魅力的だったりもするのです。
そして。その両面を内包したままで唯一無比の境地にまで辿り着いてしまったところがクイーンの凄味かなとも。

やるのか。
やらないのか。
行くのか。
行かないのか。
任せるのか。
任せないのか。
やるなら。行くなら。任せるのなら。
これでいいのか。
ハッキリさせませんか。
ハッキリ決めてくれませんか。
何を。
今頃。今更。
なんですけどね。まったくもって。

あれもこれも。
どっちも。
両方なんてあり得ない。
白黒ハッキリつけなくちゃ。
動くものも動かない。
纏るものも纏らない。
両方を内包したままなんて・・・
現実的ではないんだな。残念だけど。

だから。さぁ。
白黒。
どっちなの?

|

« 2009/07/26 Sun *明日は、来週は、その先は / Original Sound Track | トップページ | 2009/07/28 Tue *いい感じ / Rita Coolidge »

001 British Rock」カテゴリの記事

015 Queen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45789244

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/07/27 Mon *白黒 / Queen:

« 2009/07/26 Sun *明日は、来週は、その先は / Original Sound Track | トップページ | 2009/07/28 Tue *いい感じ / Rita Coolidge »