« 2009/08/06 Thu *浮かんでる / Led Zeppelin | トップページ | 2009/08/08 Sat *ドンと鳴った花火だ / The Rolling Stones »

2009/08/07 Fri *気だるさと如何わしさと切なさと / The Rolling Stones

20090807timewaitsfornoone


妙に。
元気で。
前向きで。
明るくて。
そんな話だっけ。
そんな展開だっけ。
何だか。
拍子抜け。
どころか。
何だか。
怪しい。
信じられない。
その笑顔。
そのトーン。
貼り付いてないか。
強張ってないか。
何だかなぁ。

『Time Waits For No One Anthology 1971-1977』'79年リリース。
当時のストーンズ・レコードの配給先変更に伴って編集されたローリング・ストーンズのアルバム。
この時は米国では変更が無かったので英国や日本でのみリリースされました。
「Angie」とか「Fool To Cry」も収められていますが。所謂ヒット・シングルはその2曲だけで。
タイトル・ナンバーを始めとして全体に'70年代ストーンズの裏ベスト的な選曲になっています。
「Dancing With Mr.D.」とか「Star Star」とか「Hand Of Fate」とか。そしてタイトル・ナンバーとか。
'70年代ストーンズが身に纏っていた気だるさ、如何わしさ、そして切なさが漂ってくるナンバーばかりです。
なんかこの。この頃のストーンズの。危うい感じ、いかにもいけないものって感じがね、好きなんです。
最近のストーンズはちょいとばかり、健康的に過ぎるかななんて思ったりもするので。
やっぱりね。ストーンズは不健康でなきゃ駄目でしょと。だからこそ真実味があって信用できるんだよなと。
大体ね。元気で。前向きで。明るくて・・・なんて。それだけで済む訳が無いだろうよと。
そんな風にね。斜めに構えるのもなんですが。やっぱりね。ストーンズの斜め具合がね、好きなんです。

妙に。
元気で。
前向きで。
明るくて。
それはないな。
それじゃ駄目だな。
何だか。
拍子抜け。
どころか。
何だか。
怪しい。
信じられない。
ほら笑顔が。
ほらトーンが。
引き攣ってるし。
裏返ってるし。
何だかなぁ。

まぁ、端から。
そんなもんだろうと。
薄々察したりはしていたから。
こうして。
苦笑いしながら。
次の一手を考えて。
取敢えずは一休みと。
そんな余裕もあったりはして。

気だるさとか。
如何わしさとか。
切なさとか。
そんなものにだけ潜む。
真実もあるのだと。
そんな風に。
斜に構えることで見えるものもあるんだと。
したたかになれることもあるんだと。

ちょいとばかり。
考え方が。
不健康に過ぎるかもしれないけどね(苦笑)。
でも。そんなもんだろう。たぶんね。

|

« 2009/08/06 Thu *浮かんでる / Led Zeppelin | トップページ | 2009/08/08 Sat *ドンと鳴った花火だ / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45873688

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/08/07 Fri *気だるさと如何わしさと切なさと / The Rolling Stones:

« 2009/08/06 Thu *浮かんでる / Led Zeppelin | トップページ | 2009/08/08 Sat *ドンと鳴った花火だ / The Rolling Stones »