« 2009/08/13 Thu *それでも待ってる / Muddy Waters | トップページ | 2009/08/15 Sat *タイム・カプセル / The Beatles »

2009/08/14 Fri *何かが道を / Howlin' Wolf

20090814bigfoot


何かが。
何かが道を。
やってくる。
足音が。
何かの足音が。
近づいてくる。

昨日も。
今日も。
そして。
明日も。
明後日も。
何も変わらない様な。
何も動かない様な。
その日常の。
その世界の。
背後から。
何かが。
やってくる。

『The Big Foot From West Memphis』'85年リリース。
ハウリン・ウルフの'51年~'52年録音の音源を集めたPヴァインによる日本制作の編集アルバム。
“ビッグ・フット”と言うのはウルフの渾名の一つだそうで。タイトル通りシカゴ進出前のウルフがここにいます。
サン・レコードのサム・フィリップスによって録音され。後にチェスに貸し出されたメンフィスでのウルフ。
どうしたらこんな声になるのかと言う。その濁声で唸り、吠えるウルフ。本当に吠えてるもんなぁ。
まぁ、シカゴに移ってからも基本的にはそのスタイルに変化は無かったウルフなのですが。
ここでのウルフはより荒々しく、原始的と言うか。とにかくもう。牙を剥き出しにしてる感じが強くて。
バックは後のヒューバート・サムリン等が加わった時代と比べると明らかに古臭さは否めなくて。
少し辛いものもあるのですが。兎に角ウルフのド迫力、どころではないその凄味には圧倒されてしまいます。
同じ様に(?)圧倒されたチェスとモダンとの争奪戦の結果、チェスと契約してシカゴに向うウルフ。
その大きな足音は後にライバルとして並び称されるマディ・ウォーターズの耳にも聞こえていたのでしょうか。

何かが。
何かが道を。
やってくる。
足音が。
何かの足音が。
近づいてくる。

昨日は。
今日は。
そして。
明日は。
明後日は。
どうなったのか。
どうなるのか。
そんな日常の。
そんな世界の。
裏側から。
何かが。
やってくる。

ほら。
そこに。
もう。
ここまで。
何かが。
何かが道を。
やってきた。
その足音が。
その何かが。
耳に残って離れない。
心をざわつかせてしかたがない。

|

« 2009/08/13 Thu *それでも待ってる / Muddy Waters | トップページ | 2009/08/15 Sat *タイム・カプセル / The Beatles »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45959185

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/08/14 Fri *何かが道を / Howlin' Wolf:

« 2009/08/13 Thu *それでも待ってる / Muddy Waters | トップページ | 2009/08/15 Sat *タイム・カプセル / The Beatles »