« 2009/08/25 Tue *一子相伝 / Ronnie Wood & Bo Diddley | トップページ | 2009/08/27 Thu *漫画よりも / 内田裕也 »

2009/08/26 Wed *バトンを繋ごう / Muddy Waters

20090826bestofmuddywaters


バトンが。
渡された。
バトンが。
繋がった。

あの日から。
あの時から。
あの頃から。

時が流れて。
風が動いて。
人も変わって。
それでも。
変わらないものがある。

愛情だったり。
欲望だったり。
嫉妬だったり。
絶望だったり。

そして。
情熱だったり。
祈りだったり。
希望だったり。
だから。
泣いて。叫んで。
奏でて。歌って。

バトンが。
渡された。
バトンが。
繋がった。

『The Best Of Muddy Waters』'57年リリース。
チェス・レコードが3番目に制作したアルバムがこのマディ・ウォーターズの初のアルバム。
'40年代後半から'50年代半ばまで。エレキでの弾き語りに近いものからバンド・スタイルまで。
マディの、チェスの、いやシカゴ・ブルースの黄金時代、その歩みを見事に捉えたアルバムです。
見事と言えば。このジャケット。このマディの横顔。この暑苦しさ。これもまた見事にブルースなのです。
暑苦しく。そして激しく、重く。あまりにも生々しくて圧倒的なマディのブルースがここにあるのです。
そのブルースに込められた愛情、欲望、嫉妬、絶望。そして情熱、祈り、希望が。
誰かの心を鷲掴みにし、誰かの体を胴震いさせ。そして誰かの背中を押して転がしてきたのです。
あの日、あの時。ミックとキースが再会した時も。ミックは小脇にマディのアルバムを抱えていたのだし。
何故。ロックが、ブルースが、音楽が好きなのか。何故。こんなにも愛しく、狂おしくなるのか。
何故。愛してしまうのか。欲してしまうのか。妬んでしまうのか。うちひしがれてしまうのか。
何故。それでも。歩みを止められないのか。望むのか。手を伸ばすのか。共にあろうとするのか。
その答えが。一つの答えがここにあるのだと。少なからずとも。自分や誰かの胸の内にはね。
愛したって満たされない。望んだって手に入らない。訳も無く鞭打たれる。だからこそしたたかにと。
奏でられる。歌われる。その力を信じて。その力に身を任せて。昨日から今日へと。そして明日へと。

バトンを。
渡そう。
バトンを。
繋ごう。

昨日から。
今日へと。
明日へと。

時が流れて。
風が動いて。
人も変わって。
それでも。
変わらないものを。

愛しても。
欲しても。
妬んでも。
うちひしがれても。

それでも。
歩みを止めずに。
手を伸ばして。
共にあろうと。
だから。
泣いて。叫んで。
奏でて。歌って。

バトンを。
渡そう。
バトンを。
繋ごう。
繋いでいこう。

|

« 2009/08/25 Tue *一子相伝 / Ronnie Wood & Bo Diddley | トップページ | 2009/08/27 Thu *漫画よりも / 内田裕也 »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46070597

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/08/26 Wed *バトンを繋ごう / Muddy Waters:

« 2009/08/25 Tue *一子相伝 / Ronnie Wood & Bo Diddley | トップページ | 2009/08/27 Thu *漫画よりも / 内田裕也 »