« 2009/09/20 Sun *彼岸の入りに / Otis Redding | トップページ | 2009/10/07 Wed *嵐がやってくる / Deep Purple »

2009/09/21 Mon *続けてるんだ / The Four Tops

20090921fourtopslive


石段を登って。
涼やかな竹林の前。
やぁ、久し振り。
ごめん。遅くなっちまった。
やっと会いに来れたよ。

ここは静かだね。
今日は陽射しも暖かいし。
ゆっくりと眠れそうだね。
それでいいよね。
毎日。毎晩。
賑やかで。騒がしくて。
だったものね。
でも。それが楽しかった。
そう。本当に楽しくて。

今思えば。
俺なんか。
ほんのひと時だけ。
そう。ほんのひと時だけ。
一緒に。共に。
過ごしただけなんだ。
でも。でもさ。
本当にかけがえの無い日々だったんだ。

『Live!』'66年リリース。
フォー・トップスの4thアルバムにして初めてのライブ・アルバム。
モータウンの地元であるデトロイトのクラブで収録されました。故に観客の盛り上がりも半端ではなく。
賑やかに。騒がしく。大合唱となる比率も高かったりするのです。間違いなく楽しんでます。
当然、フォー・トップスも。熱く熱く。熱すぎるくらいの熱唱を聴かせてくれます。
元々はジャズを歌っていたりもして端正なイメージもあるフォー・トップスですが。どうしてどうして。
ゴスペルをルーツにもつリード・シンガー、リーヴァイ・タップスのパワフルでソウルフルな歌声を軸として。
殊更。ライブにおいては熱く熱く。どこまでも熱く、激しく、楽しく観客と一体になって盛り上がっていたのです。
タイム・マシンがあったなら。このライブが収録された一夜に飛んで。一緒に、共に過ごしてみたいなどと。
そんな叶わぬことを思ってもみるのです。だってね。絶対に楽しくて。かけがえの無い一夜になるから。

石段を登って。
涼やかな竹林の前。
久し振りに。あの声。あの笑顔。
遅いよ。頼むぜ。
まぁ。ゆっくり飲ろう。

レコード受け取ったよ。
モータウンも好きだったよね。
熱い熱いライブだね。
一緒に飲みながら聴きたかったな。
いつでも。いつまでも。
会いたくなったら。
あの街へ行って。あの扉を開けて。
握手して。グラスを合わせて。
そう。それだけで良かったんだ。
いつでも。いつまでもってさ・・・

今思えば。
俺なんか。
ほんのひと時だけ。
そう。ほんのひと時だけ。
一緒に。共に。
過ごしただけなんだ。
でも。でもさ。
本当にかけがえの無い日々だったんだ。
もう戻ってはこないんだな。

青い空を背景に。
涼やかな竹林を。
風が吹き抜けていく。
さてと。
そろそろ行かなくちゃ。
また会いに来るよ。
じゃ、また・・・
そうだ。
伝えたいことがあったんだ。

HIDEさん。
続けてるんだ。
回してるんだ。
上手く言えないけど。
なんかさ。
伝えられたら。
繋げられたら。
渡していけたらってさ。
そんな感じかな。
今度は。
受け取ったレコード。
借りたまま返せなかったレコード。
それも回してみようかな。
なんてさ。
いいかな。
じゃ、またね。

聴きに来てくれるかな・・・

|

« 2009/09/20 Sun *彼岸の入りに / Otis Redding | トップページ | 2009/10/07 Wed *嵐がやってくる / Deep Purple »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46435554

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/09/21 Mon *続けてるんだ / The Four Tops:

« 2009/09/20 Sun *彼岸の入りに / Otis Redding | トップページ | 2009/10/07 Wed *嵐がやってくる / Deep Purple »