« 2009/09/21 Mon *続けてるんだ / The Four Tops | トップページ | 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie »

2009/10/07 Wed *嵐がやってくる / Deep Purple

20091007stormbringer


嵐。
嵐である。
嵐がやってくる。

意味もなく。
訳もなく。
血が沸く。
肉が踊る。
胸が騒ぐ。

異なるものが。
やってくる。
常ならざるものを。
連れてくる。

そんな。
予感に。
ワクワク。ドキドキ。
子供の頃から。
子供のまま。

『Stormbringer』'74年リリース。
デヴィッド・カヴァーデイルとグレン・ヒューズを迎えた第三期ディープ・パープル、2枚目のアルバム。
ソウルフルなカヴァーデイル、ファンキーなヒューズ。2人の個性、自己主張がいよいよ強くなってきて。
前作『Burn』にはあった所謂パープルらしさがいよいよ薄くなり、影を潜めてと。かなり異質な感があります。
もともとカヴァーデイルはポール・ロジャースとかに通じる声質でソウルとかが好きだったみたいですし。
ヒューズが率いていたトラピーズなんてのはかなりファンキーなサウンドを聴かせていたりもしたので。
2人を迎えた段階でこの変化は予測されていたはずなのですが。まぁ、ハード・ロックの権化みたいなパープル。
そのパープルが好きだ!ってファンにとっては驚きだったみたいで。あまり評判は良くなかったとか。
そして誰よりも。リッチー・ブラックモアその人が。このソウル&ファンキー路線を受け付けられなくて。
このアルバムを最後に脱退してしまう訳で。正しく自らに嵐を運んできてしまったアルバムだったりします。
ソウルもファンクも好きな自分は。ハードなパープルもいいけど。こっちのパープルも結構好きなんですけどね。
曲によってはサザン・ロックにも通じる大らかさがあって。英国的なメロディーとのバランスもいい塩梅だし。

嵐。
嵐である。
嵐がやってくる。

意味もなく。
訳もなく。
血が沸く。
肉が踊る。
胸が騒ぐ。

異なるものに。
会ってみたい。
常ならざるものを。
体験してみたい。

そんな。
欲望が。
ムクムク。ムラムラ。
子供の頃から。
子供のまま。

異なるもの。
常ならざるもの。
いつでも待っている。
いつでも焦がれている。
乗っかって。
巻き込まれて。
吹飛ばされて。
何処へ。何処まで。
子供の頃から。
子供のままで。

嵐がやってくる。

|

« 2009/09/21 Mon *続けてるんだ / The Four Tops | トップページ | 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46451782

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/10/07 Wed *嵐がやってくる / Deep Purple:

« 2009/09/21 Mon *続けてるんだ / The Four Tops | トップページ | 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie »