« 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie | トップページ | 2009/10/11 Sun *時は・・・ / Eric Clapton »

2009/10/09 Fri *飛べ!飛べ! / Aerosmith

20091009getyourwings


飛べ!
飛べ!
飛んでいけ!

あそこは見直した。
ここもチェックした。
そこは大丈夫だろう。
よし、やってみよう。

固唾を呑んで。
手に汗握って。
見つめる。睨みつける。
よしっ、よしっ。
このまま。このまま。
いけ。いけ。
おっ。あらっ。あれっ。
おいおい・・・

飛べ!
飛べ!
飛んでいけ!

『Get Your Wings』'74年リリース。
第一次黄金期を支えたジャック・ダグラスを初めてプロデューサーに迎えたエアロスミスの2ndアルバム。
日本では『飛べ!エアロスミス』なる邦題を冠され'75年に発売されたこのアルバムでデビューとなりました。
後続の『Toys In The Attic』や『Rocks』に比べると地味であまりにもシンプルな感は否めないのですが。
そのシンプルさ、硬質なシンプルさこそがエアロスミスとジャック・ダグラスが目指したものだったかなと。
引締まった筋肉質のロックン・ロール。それだけに集中、特化したのが最善の結果を生んだのだと。
「Same Old Song And Dance」とか「S.O.S(Too Bad)」なんてキャッチーなナンバーにはブリテッィシュ・ビートの。
メンバーが大好きだった、憧れていたストーンズの、ヤードバーズの影響を見て取ることも出来ます。
そのヤードバーズの「Train Kept A Rollin'」ではスタジオ録音とライブ録音を繋げた編集がカッコ良いんです。
カッコ良いと言えば。このジャケットの面構え。蒼い欲望と野望を秘めた若き野獣って佇まいも堪らなくて。
このアルバムに伴うツアーを機に大きく羽ばたくことになるエアロスミス。離陸直前の姿がここにあるのです。

飛べ!
飛べ!
飛んでいけ!

もう一度見直した。
角度を変えてチェックし直した。
今度こそは大丈夫だろう。
よし、もう一度やってみよう。

固唾を呑んで。
手に汗握って。
祈ろう。願おう。
よしっ、よしっ。
このまま。このまま。
いけ。いけ。
おっ。あらっ。あれっ。
おいおい・・・

こうなったら。
もう一度。
もう何度でも。
とことんやろう。
やっつけてしまおう。

開き直って。
何だか昂ぶって。
どうにでもなりやがれ。
ほらっ。ほらっ。
そのまま。そのまま。
いけ。いけ。
よしっ。よしっ。よしっ。
よっしゃ~・・・

飛べ!
飛べ!
飛んでいけ!

なんとかかんとか。
離陸に成功した真夜中。
これで。
やっと。
身も心も。
週末に向って。
連休に向って。
飛んでいけそうです。
ふぅ。

|

« 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie | トップページ | 2009/10/11 Sun *時は・・・ / Eric Clapton »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46479651

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/10/09 Fri *飛べ!飛べ! / Aerosmith:

« 2009/10/08 Thu *覗いてみたい・・・ / Humble Pie | トップページ | 2009/10/11 Sun *時は・・・ / Eric Clapton »