« 2009/10/21 Wed *そこでしか /The J.Geils Band | トップページ | 2009/10/23 Fri *今日の日は / Marianne Faithfull »

2009/10/22 Thu *会う時にはいつでも / The Who

20091022whosingls


会う時には。
いつでも。
他人の二人。
ではないけれど。

昨日と今日。
昨夜と今朝。
僕も君も。
別の顔。別の人。
別の役割。別の関係。

どちら様でしたっけ?
なんてね。

『The Singles』'84年リリース。
’82年の1回目の解散をうけて英国で編集されたザ・フーのベスト・アルバム。
’65年から'81年までに英国でリリースされたシングルA面曲から16曲が選ばれています。
基本的にシングル・ヴァージョンやエディット・ヴァージョンを収録しているのですが。
何曲かは何故かこのアルバムでしか聴けないステレオ・テイクやミックス違いもあったりして。
制作時のミスとのことなのですが。どうなんでしょうか。ザ・フーのベスト・アルバムにはよくあることとか(?)。
それはともかく。「Won't Get Fooled Again」は3分半程のエディット・ヴァージョンが収められていますが。
さすがにそれだけはあまりにも端折り過ぎで、迫力が今ひとつ、ふたつ、みっつ伝わってきませんが。
それ以外は基本的に駄作の無いザ・フーですので。「Substitute」から「You Better You Bet」まで。
ヒット曲を中心としたザ・フーの魅力は堪能できます。しかし、本当にいい曲が多いなと毎度思います。
で、毎回何故か耳に留まる曲は違うのですが。今回は「5.15」と、そして「Who Are You」かな。
同名アルバムのタイトル曲だった「Who Are You」・・・キース・ムーンの衰えが目立ってしまったそのアルバム。
その中では一際力強かったこの曲。何故かこの曲にだけかってのザ・フーの匂いを強く感じていたのですが。
このアルバムのライナーでピート・タウンゼンドがこの曲は「Won't Get~」直系の曲だと語っていて。
なるほどなと。キース存命時のザ・フーによる最後のロック・アンセムだったんだなと改めて感じたりもして。

会う時には。
いつでも。
他人の二人。
ではないけれど。

あそことここ。
あの時とこの時。
僕も君も。
異なる顔。違う人。
異なる役割。違う関係。

どちら様でしたっけ?
なんてね。

そう。
昨日は昨日。
夕べは夕べ。
そこでの出来事も。
そこでの時間も。
そこでの思いも。
解っている。
感じている。
信じている。

だから。
今日は今日。
今朝は今朝。
ここでの出来事も。
ここでの時間も。
ここでの思いも。
解っている。
感じている。
信じている。

だから。
会う時には。
いつでも。
他人の二人。
ではないけれど。

どちら様・・・ってもういいか(笑)。

|

« 2009/10/21 Wed *そこでしか /The J.Geils Band | トップページ | 2009/10/23 Fri *今日の日は / Marianne Faithfull »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46574095

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/10/22 Thu *会う時にはいつでも / The Who:

« 2009/10/21 Wed *そこでしか /The J.Geils Band | トップページ | 2009/10/23 Fri *今日の日は / Marianne Faithfull »