« 2009/11/02 Mon *更けゆく秋に / Small Faces | トップページ | 2009/11/04 Wed *想像を膨らませて / The Rolling Stones »

2009/11/03 Tue *北風ぴーぷー / David Coverdale

20091103northwinds_2


木枯し。
吹いたんだな。
どうりで。
空気が冷たくて。
一気に。
寒くなってきた。

こうして。
北風に。
背中を押されて。
季節が動いていく。
今年は。
冬の訪れも。
早いかもしれないな。

『Northwinds』'78年リリース。
デヴィッド・カヴァーデイルの2枚目となるソロ・アルバム。
前作に引き続いてロジャー・グローヴァーに制作を委ね、ミッキー・ムーディと組んでいます。
ディープ・パープルのステージではイアン・ギランのイメージを背負ってシャウトして。
ホワイト・スネイクを結成して全米へ進出してからはすっかりメタルの人って感じのカヴァーデイルですが。
元々はソウルやブルースに影響されたソウルフルな歌声がその持ち味だったりします。
第3期や題4期のディープ・パープルのアルバムでもその嗜好は色濃く滲んではいましたが。
ソロ・アルバムではもうそれこそ顕になって。このアルバムでも実にソウルフルでブルージィな歌声を聴かせます。
収められているナンバーも、そのサウンドも。その歌声を生かす為に作られていて。それがいい感じです。
中にはゴスペルを思わせるナンバーもあったりして。熱く、生き生きとしたカヴァーデイル、楽しそうでもあります。
(このゴスペル風なコーラス、グローヴァーやジョン・ロードの奥様達も参加しているんだそうですが・・・)
そのブロンドと相俟ってロバート・プラントと比較されることも多いカヴァーデイルですが。
このアルバムを聴くと。プラントではなくて。ポール・ロジャースとの共通項が多いのではとの感を強くします。
英国の荒涼とした大地を吹き抜けていく、冷たい中にもどこかに生命の息吹を感じさせる北風の様な。
そんな温かさを感じさせるこの頃のカヴァーデイルの歌声、黒っぽさもあって結構好きなんです。
この頃は髪も染めてなくて黒かったしね。まぁ、それは関係ないけど。いや、やっぱり関係あるかな。

木枯し。
吹いたんだな。
どうりで。
夜気も冷たくて。
本格的に。
寒くなってきた。

こうして。
北風に。
体を抱きしめられて。
季節が深まっていく。
今年は。
冬の訪れも。
早いかもしれないな。

北風ぴーぷー。
なんて。
焚き火には早いけど。
焚き火なんて目にする機会も減ったけど。

木枯らしが吹いて。
やがて。
色づいた葉が落ちて。
落葉が焚かれて。
なんて。
そんな。
季節の動きや。
季節の深まりを。
その色や匂いを思い描く。
そんなこれからの日々が。
結構好きだったりするのです。

北風ぴーぷー。
なんて。
寒いのはやっぱり。
少しばかり苦手ではあるけれど。

|

« 2009/11/02 Mon *更けゆく秋に / Small Faces | トップページ | 2009/11/04 Wed *想像を膨らませて / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46685718

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/11/03 Tue *北風ぴーぷー / David Coverdale:

« 2009/11/02 Mon *更けゆく秋に / Small Faces | トップページ | 2009/11/04 Wed *想像を膨らませて / The Rolling Stones »