« 2009/11/15 Sun *もう一杯 / Rod Stewart | トップページ | 2009/11/17 Tue *消せないまま / Jimi Hendrix »

2009/11/16 Mon *その日が来るのを / Van Morrison

20091116saintdominiqus


その日が来るのを。
指折り数えて。
待ち望んでいる。

いいかもね。
あるかもね。
そうなるかもね。
そうなるといいね。

いい線はいってる。
狙いとしては面白い。
余地は、可能性は確かにある。
後はこの会話が。この予想が。
現実に動き出すことを。
その時を。その日を。
待っている。

『Saint Dominic's Preview』'72年リリース。
教会の前でギターを奏でながらあらぬ方の何を見ているのか。
その視線の先が、その視線を生んだものが気にかかるヴァン・モリソンのアルバム。
北アイルランド出身ながら。ゼム時代のプロデューサーに誘われ憧れの地、アメリカへと移住したヴァン。
『Astral Week』や『Moondance』で自らの方向性を見定め、「Domino」のヒットである程度の成功も収めて。
ウッドストックに住むミュージシャンとの交流、そして恋人との結婚と。満ちたり、心安らいでいた筈のヴァン。
このアルバムでは、吹っ切れたかの如く。更に理想とする世界を求め、掘り下げようとしている気がします。
ブリティッシュ・ブルー・アイド・ソウル・シンガーの最高峰とも言える、そのソウルフルな歌声と。
『Astral~』以降のアルバムで発揮されてきた、ジャズの香りも漂うような軽快なサウンドと。
その絡み具合、その相乗効果が素晴しくて。その魂の震えがこちらの魂までも揺り動かすかの如くなのです。
ヴァン自身も満足したいた様で。自らその求めたこの世界を“カレドニア・ソウル”と名付けて。
その世界を極める為に“カレドニア・ソウル・オーケストラ”の名の下にバック・メンバーを集めることになるのです。

その日が来るのを。
指折り数えて。
待ち望んでいる。

きまりました。
ほんとうに。
まだあきらかにはできないけど。
そうなりました。

間違いは無いだろうと。
狙いは外していないし。
積み重ねて。逃がしはしなかったしと。
後はこの囁きが。この予言が。
事実として示されることを。
その時を。その日を。
待っている。

その予言(Preview)を。
信じて。
その日が来るのを。
待っている。
待ち望んでいる。

|

« 2009/11/15 Sun *もう一杯 / Rod Stewart | トップページ | 2009/11/17 Tue *消せないまま / Jimi Hendrix »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46808036

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/11/16 Mon *その日が来るのを / Van Morrison:

« 2009/11/15 Sun *もう一杯 / Rod Stewart | トップページ | 2009/11/17 Tue *消せないまま / Jimi Hendrix »