« 2009/11/18 Wed *若さゆえ / The Who | トップページ | 2009/11/23 Mon *最初と最後 / Booker T. & The M.G.'s »

2009/11/20 Fri *2人の週末 / The Dave Clark Five

20091120havingawildweekend


ふわふわ。
そわそわ。

もう仕事にならない。
もう仕事は止めにしよう。
だって。
心ここにあらずだから。
体もここから解放してあげよう。

さぁ、もう。
週末だ。週末だ。
連休だ。連休だ。
ずっと待っていた週末だ。
待ち望んでいた連休だ。

準備もしなきゃ。
行程も確認しなきゃ。
何よりも。
気分を盛り上げなきゃ。

さぁ、帰ろう。

『Having A Wild Weekend』'65年リリース。
トゥテナム・サウンドの雄、ロンドン出身のデイヴ・クラーク・ファイヴ。
その初主演映画『5人の週末』のサウンド・トラック・アルバムの米国ヴァージョンとなるアルバム。
映画そのものは未見なのですが。このジャケットはおそらく映画のワン・シーンだと思われて。
まぁ、おそらくは他愛のないボーイ・ミーツ・ガールの青春恋愛ものなのではと思うのですが。
うん。そういう映画は基本的に好きなので。きっと面白いんだろうなと勝手に想像していたりもして。
なんとも御機嫌なR&Rナンバーであるタイトル曲を始めとするナンバーの弾け具合からしても。
その想像は当たらずとも遠からずだと思うのです。男の子と女の娘が走って、駆けて、恋をして。
それだけで面白くて、甘酸っぱくて、切なくて・・・それだけでいいじゃないなんてね。
指パッチン(英語では何て言うんだろう?)から始まる「Catch Us If You Can」なんて名曲も収められてます。
何の関係も無いのですが。この曲名を聞くと、どうしてもビル・ロビンソンとかカール・ゴッチとか。
スネーク・ピットとか、伝統のランカシャー・レスリングなんてのを連想するのは・・・自分だけでしょうね・・・
いや"Catch As Catch Can"ってね。レスリングの源流、基本と語感が似てるってだけなんですけどね。
閑話休題。あまり語られませんが。マイク・スミスの迫力ある太い歌声はもっと評価されてもいいかな。

わくわく。
どきどき。

いつもの旅支度が始まった。
トランクを開けて。何から詰めようか?
このシャツにはこのパンツかなぁ、どう思う?
心は既にここになく、旅先へと飛んでいる。

さぁ、もう。
週末だ。週末だ。
連休だ。連休だ。
ずっと待っていた週末だ。
待ち望んでいた連休だ。

準備はいいかな。
行程も確認できたよね。
何よりも。
気分が盛り上がってきたよね。

さぁ、出かけよう。

いつもながら。
どたばたで。
寝不足で。
でも楽しい、楽しい。
2人の週末なのです。

じゃぁ、いってきま~す!

|

« 2009/11/18 Wed *若さゆえ / The Who | トップページ | 2009/11/23 Mon *最初と最後 / Booker T. & The M.G.'s »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46816884

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/11/20 Fri *2人の週末 / The Dave Clark Five:

« 2009/11/18 Wed *若さゆえ / The Who | トップページ | 2009/11/23 Mon *最初と最後 / Booker T. & The M.G.'s »