« 2009/11/26 Thu *旅路ゆえに / John Mayall's Bluesbreakers | トップページ | 2009/11/30 Mon *忘れた頃に / Leon Russell »

2009/11/28 Sat *阿修羅の憂鬱 / The Rolling Stones

20091128stonesstorytwo


なんでお前だけ。
そうだお前だけ。
そうだそうだお前だけ。

目立つんだよ。
もて囃されるんだよ。
もててるんだよ。

そ、そんなこと無いって。

ある。
そう。ある。
うん。ある。ある。

・・・

展覧会もお前の名前だし。
お前だけ特別な立ち位置だったし。
お前だけグッズも多くて。
お前だけフィギュアもあって。
それも即日完売で。
プレミアまでついてるって。
どういうことなんだよ。

ど、どうって言われても。

どうなんだよ。
そう。どうなんだよ。
うん。どうなんだよ。
えっ、阿修羅どうなんだよ。

・・・

『Stones Story Part Two』'81年リリース。
'72年か'73年か。グラムなメイクのミック・ジャガーが1人目立ってるローリング・ストーンズの編集アルバム。
オランダ独自にデッカ音源を編集したシリーズの第2集で、所謂ヒット曲などを含まない選曲となっています。
オランダ版の『More Hot Rocks』ってところでしょうか。かなり通好みで渋いナンバーが選ばれていて。
この辺りはオランダならではの嗜好なんてものもあるのかなとも考えてしまいますが。どうなんでしょうか。
このシリーズ第3集までリリースされた様で。ジャケットは総てこのギンギラのミックだったりします。
そもそもデッカ音源なのに年代が合ってないじゃないって話なのですが。まぁ、これは結構ある話だったりして。
日本のキング・レコードが毎年の様にリリースしていたベスト盤にも'70年代の写真は頻繁に使われていました。
で、そのキング・レコードでもこのアルバム同様にミック1人が目立ってるジャケットの編集アルバムが多くて。
どころかミックしか写ってないジャケットってのも結構あったりして。おいおいそれは無いだろうと思うのですが。
まぁ、考えてみれば。その昔は一般的にはストーンズ=ミックだったんだろうなと。
特にこの日本ではストーンズの存在そのものがメジャーになったのもこの20年くらいの話しだしなと。
ヴォーカリストで、常にバンドのフロントに立ってたミックに耳目が集中するのは海外でも一緒だったのだろうしと。
なにぶん自他共に認めるキース派の自分としては面白くないところもあるのですが。まぁ、許してやるかと。
キースも、ギターも持たずにステージに出てく自信は無い、ミックは凄いよみたいなこと言ってたし。
(最近はそんなキースもギターを持たずに1曲歌い上げちゃったりしてますけどね・・・まったく)
まぁ、他のメンバーは別に気にも留めずひがみもしなかったでしょうが。時代を感じさせるジャケットではあります。

いつもお前だけ。
そうだお前だけ。
そうだそうだお前だけ。

人気者なんだよ。
上野に行っても。博多に行っても。
奈良に帰ってきてもさ。

そ、そうかなぁ。

そうだよ。
そう。そう。
うん。うん。うん。

・・・

中央で前面で視線を独占ってか。
左斜め後ろが定位置だったのにさ。
八部衆は皆で1つだって。
抜け駆けはしないって約束だったのに。
1人だけアイドル気取りかよ。
追っかけまでいるらしいじゃん。
で、どうするんだよ。

ど、どうって言われても。

どうするんだよ。
そう。どうするんだよ。
うん。どするんだよ。
えっ、阿修羅どうするんだよ。

・・・

三面六臂の美しい姿。
愁いと哀しみを感じさせる表情。
凛とした立ち姿。
カッコいいもんなぁ仕方ないよなぁ。

などと。
上野で魅せられて。
奈良まで追っかけた身としては。
阿修羅の弁護でもしたくなったりして。

五部浄、沙羯羅、鳩槃荼、乾闥婆、
迦楼羅、緊那羅、畢婆迦羅。
まぁ、そのくらいで許してやれよ。
阿修羅がかわいそうじゃないか。

なんて。
馬鹿げた空想を巡らせつつ。
阿修羅像の美しさをまた思い出したりして。
あぁ、フィギュア、欲しかったなぁ(笑)。

|

« 2009/11/26 Thu *旅路ゆえに / John Mayall's Bluesbreakers | トップページ | 2009/11/30 Mon *忘れた頃に / Leon Russell »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/46904095

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/11/28 Sat *阿修羅の憂鬱 / The Rolling Stones:

« 2009/11/26 Thu *旅路ゆえに / John Mayall's Bluesbreakers | トップページ | 2009/11/30 Mon *忘れた頃に / Leon Russell »