« 2009/12/13 Sun *届いたよ / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/12/17 Thu *時は来たれり・・・ / The Rolling Stones »

2009/12/16 Wed *遊びをせんとや / The Rolling Stones

20091216getyeryaya40th


遊びをせんとや。

何のために。
生まれてきたのかって。
生きているのかって。
ここにいるのかって。

そうだな。
それは。
飲んで。食って。
笑って。愛して。
そして。
なによりも。

遊ぶため。
このひと時を。
この一瞬を。
思いっきり楽しむため。
限りなく喜ぶため。
遊ぶため。

遊びをせんとや。

『Get Yer Ya-Ya's Out! 40th Anniversary Deluxe Edition』'09年リリース。
'70年にリリースされたローリング・ストーンズのライブ・アルバムの拡大版。
'69年の全米ツアーからマディソン・スクウェア・ガーデンでのテイクを中心に編集されたこのアルバム。
ストーンズのライブ・アルバムの中でも屈指の名盤であることは疑う余地も無く。個人的にも大好きなので。
ストーンズの未発表テイクが追加され。前座のB.B.キングやアイク&ティナ・ターナーのライブも収められて。
ようやく当初ストーンズが考えていたのに近い形式で聴けるようになったのは素直に嬉しいなと思います。
アナログ3枚組も含むボックス・セットで手に入れたのですが。ブックレットも大きくて綺麗でいい感じです。
どうしても未発表だった5曲が気になるところですが。既発表の10曲がね、改めてやっぱりいいなと思います。
3年ほどツアーを休んでる間に環境が大きく変わって。会場も観客も。求められるものも変わって。
対応する為にミック・テイラーを新たに迎えて。ギター2本の絡みでサウンドに厚みを加えて引っ張っていこうと。
そんな思惑があったかなとも思えて。結構丁寧で緊張しながら新たな世界へと踏み出た感じがあります。
それでいて。ちっちゃく固まってしまうわけでなく。ラフでタフなグルーヴを生み出しているところが凄いなと。
キースとテイラーの絡みがもう既に絶妙で。互いの、そして聴衆のツボを実に巧みに突いてくるのです。
なんですかね。勿論本気で渡り合ってるんですけど。そこに程よい遊び心があるってところでしょうか。
逆に言うと。ロックン・ロールなんて遊びもね。遊ぶ時には本気でなきゃ駄目だってことかなとも思うのです。
未発表だった「Prodigal Son」と「You Gotta Move」ではキースのリゾネイター・ギターのシンプルさが素晴しく。
「Under Mt Thumb」「I'm Free」「(I Can't Get No) Satisfaction」にもラフでタフでルーズなグルーヴがあって。
'60年代中期のナンバーにここで、新たな息吹が吹き込まれていたことが明らかになったりするのです。
やはり。この時のツアーが今に繋がるストーンズのライブの原点なんだなと。いや、やっぱり最高です。

戯れせんとや。

何のために。
あがいているのかって。
しがみついているのかって。
転がり続けるのかって。

そうだな。
それは。
見て。聞いて。
触れて。求めて。
そして。
なによりも。

戯れるため。
このひと時を。
この一瞬を。
思いっきり楽しむため。
限りなく喜ぶため。
戯れるため。

戯れせんとや。

なんで。
そこまで。
そうまでして。
何のため。

遊ぶため。
戯れるため。
本気で。
そう本気で。

遊びをせんとや。
戯れせんとや。

それだけじゃないだろう。
それだけじゃいられないだろう。
だから。
だからこそ。

本気で。
そう本気で。
遊ぶんだ。
戯れるんだ。

このひと時。
この一瞬。
今夜も。
本気なんだよね(笑)。

|

« 2009/12/13 Sun *届いたよ / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/12/17 Thu *時は来たれり・・・ / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47063938

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/12/16 Wed *遊びをせんとや / The Rolling Stones:

« 2009/12/13 Sun *届いたよ / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/12/17 Thu *時は来たれり・・・ / The Rolling Stones »