« 2009/12/21 Mon *いつでも / The Beatles | トップページ | 2009/12/23 Wed *豚も・・・ / Jimi Hendrix »

2009/12/22 Tue *Have you ever listened the radio? / Creedence Clearwater Revival

20091222ccrbest


ちょっとした。
事情により。
週の大半を。
窓の無い。
防音された。
そんな部屋で過ごしてる。

陽が入らずに。
音もしない。
時計もないし。
集中できて。
捗るかと思うと。
これがそうでもない。

さて。
どうしようか。

あっ!
そうだよ。

『The Very Best Of Creedence Clearwater Revival』'81年リリース。
ラジオで。CMで。今でも愛されているクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(CCR)。
前年に発売された全盛期のライブ・アルバムの好評を受けて制作された日本独自の編集アルバム。
'68年から'71年にかけてシングル・ヒットした9曲を中心とした11曲のシンプルなロックン・ロール。
もうそれだけ。ラフでタフで。スワンピーで実に御機嫌なロックン・ロール。これこそがCCRです。
今の時代にはあまりにシンプル過ぎるのか。過去の遺物扱いされたりすることもある様ですが。
とんでもない。何が素晴しいかって。シンプルなロックン・ロール以上に素晴しいものなど無いじゃないかと。
それは。恐らく今でも、そして世界中で変わることは無いよと。きっとそんな同好の士はいっぱいいて。
だからこそ。ラジオで流れ続け。CMで使われ続けるCCRで。そしてその都度に同好の士は増えているのだと。
勿論。今ではそこにいくばくかのセンチメンタルな切なさも感じられる様になっているのもまた事実なので。
それが。また。その。時にセピア色を帯びたかの如き切なさもまたCCRの魅力になってはいるのです。
「Have You Ever Seen The Rain?」なんてイントロのギターのカッティングだけで・・・泣いてまうだろう~(苦笑)。

ちょっとした。
都合により。
日の大半を。
窓の無い。
防音された。
そんな部屋で過ごしてる。

ちょっと。
秘密めいていて。
面白くはあるけれど。
静か過ぎて。
息が詰まりそうになったり。

さて。
どうしようか。

あっ!
そうだよ。

みな同じ思いだった様で。
誰が言い出したかは忘れたけど。
インター・ネット・ラジオで。
コミュニティーFMを流す様になって。
これがいい感じで。
何だか風通しが良くなって。

不思議と。
集中できるし。
会話も弾むし。
捗る。捗る。

だけれども。

あっ・・・
どうしました?

ここでこの曲は駄目だろう。
なんでですか、いい感じじゃないですか。
いや、なんだ、その。
あれ、なんか遠い目してません?
いや、なんだ、懐かしくてさ。
へぇ、これ古い曲なんですか?誰ですか?
知らないのかよ。CCRってんだよ。
いや、未だ二十代なんで。
・・・いいから早く手動かせよ。
ははっ、すいません。

あっ・・・
なんですか。

この流れでこの曲は反則だろう。
なんでですか、悪くないですよ。
いや、この流れは泣かせにきてるだろう。
あれ、何だか目が赤くないですか?
いや、なんだ、まぁ色々な。
へぇ、これも古い曲なんですね。誰ですか?
これも知らないのかよ。イーグルスってんだよ。
いや、だから未だ生まれてませんって。
・・・ちょっと手を止めろ。いいか、この曲はだな。
ははっ、楽しそうですね。

インター・ネット・ラジオで。
コミュニティーFMを流す様になって。
いい感じで。
集中できて。
捗る。捗る。
いや、だから。
捗ってますってば。
たぶん。

あっ・・・
またですか・・・

|

« 2009/12/21 Mon *いつでも / The Beatles | トップページ | 2009/12/23 Wed *豚も・・・ / Jimi Hendrix »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47116653

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/12/22 Tue *Have you ever listened the radio? / Creedence Clearwater Revival:

« 2009/12/21 Mon *いつでも / The Beatles | トップページ | 2009/12/23 Wed *豚も・・・ / Jimi Hendrix »