« 2009/12/26 Sat *俺もロッキンローラー / 内田裕也 | トップページ | 2009/12/30 Wed *転がり続けよう / The Rolling Stones »

2009/12/28 Mon *先のことは / 加藤和彦

20091228sorekarasaki


実は。
今年は。
ちょっとした。
勝負どころ。
正念場だったので。

珍しくも。
結構。
真面目に。
立ち向かってみた。

負けるわけには。
逃がすわけには。
いかなかったので。

案を練り。
策を弄し。
人を動かし。
事を動かし。

酸いも甘いも。
硬も軟も。
清濁併せ呑み。
裏技も。
ギリギリの線も。
駆使し。歩いて。

兎にも角にも。
狙い通りに。
落した。手に入れた。

だから。
先のことは。
今は。
今日は。
今年のうちは。
忘れてしまおう。

『それから先のことは・・・』'76年リリース。
サディスティック・ミカ・バンド解散後の第一作となった加藤和彦のアルバム。
そしてこのアルバムが安井かずみと組んだ初めてのアルバムでもありました。
ジャケットの真っ赤なスーツとアディダスのスニーカーと言うこの時代としてはあまりにもお洒落な加藤さん。
このポラロイド写真もかずみさんによるものだったりします。インナー・バッグに写ってるかずみさんもお洒落で。
常に日本のロックの最先端を歩んできた加藤さんと、歌謡曲のど真中で華麗に泳いでいたかずみさん。
そんな2人の出会いと、共に歩み始めたことは運命の様で必然の様で。幸福な出会いだったのだろうなと。
当時の評価はともかく。グラムでファンクなサディスティック・ミカ・バンドである意味頂点を極めて。
ここらでまた。新たな世界へ向って歩みだそうと言う。そんな意味合いも十分にあったであろうこのアルバムで。
歌謡曲的なのに。どこかエキゾティックですらある浮世離れしたかずみさんの詞が果たした役割も大きいかなと。
(勿論、加藤さんの独特な世界観が逆にこの後かずみサさんの世界を変えるに果たした役割も大きいとも)
マッスル・ショールズのミュージシャン達の生み出す芳醇なサウンドと相俟って。
とても心地の良い、静かで穏かで。そしてとても味わい深い新しい加藤さんの世界がここに出来上がっています。
それにしても。“それから先ののことは明日と言う日につられてゆくだろう”と歌った加藤さん。
どうしても。そんな心持ちで今も。軽やかに歩いてくれていたら良かったのになと。そんなことをどうしてもね。

実は。
今年は。
ちょっとした。
勝負どころ。
正念場だったので。

珍しくも。
結構。
本気で。
やってみたりした。

負けたくなかったし。
逃がしたくなかったし。
考えたくも無かったので。

言葉を操り。
手を回し。
人を誘い。
事を転がし。

成るのであれば。
使えるものは。
何でも使って。
裏口だろうと。
抉じ開けてでも。
入り込み。飛び込み。

兎にも角にも。
狙い通りに。
落した。手に入れた。

だから。
先のことは。
今は。
今日は。
今年のうちは。
忘れてしまおう。

大体さ。
いつも70%くらいなのに。
今年は80%くらいまで。
やってしまった。
頑張ってしまった。
これが普通だと思われたらさ。
困るんだよね。
もっと静かに穏かにさ。

だから。
先のことは。
いつか。
明日か。
年明けか。
なる様になっていくだろうって。
今は。
今日は。
今年のうちだけでもね。

|

« 2009/12/26 Sat *俺もロッキンローラー / 内田裕也 | トップページ | 2009/12/30 Wed *転がり続けよう / The Rolling Stones »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009/12/28 Mon *先のことは / 加藤和彦:

« 2009/12/26 Sat *俺もロッキンローラー / 内田裕也 | トップページ | 2009/12/30 Wed *転がり続けよう / The Rolling Stones »