« 2010/02/08 Mon *不本意ながら / Eric Clapton | トップページ | 2010/02/10 Wed *なるようになる / Johnny Thunders »

2010/02/09 Tue *嵐の中で / Neil Young

20100209americahstarsnbars


天災だろうと。
人災だろうと。
巻き込まれちまったら。
逃げ遅れちまったら。
まぁ、しかたないわな。

なんとかならんかと。
走り回って。
探し回って。
それでも。
避けられなかった。
逃げられなかった。

そうなったら。
嵐の中で。
やるべきことは。
唯一つ。
立ち位置を決めたら。
腰を落として。
膝に力を入れて。

さぁ。

『Amrican Star 'N Bars』'77年リリース。
なんともとっ散らかった酔っ払いジャケットも強烈なニール・ヤングのアルバム。
予定されていたアルバムのリリースが中止になったり、喉の病気になったりと。
いつもながら波乱万丈の状態の中で突如リリースされたのがこのアルバムだったので。
まぁ、このジャケットはそんな混乱した状態をそのまま正直に描いただけだたのかも知れませんが。
A面はその中止になったアルバムの為の録音なのか'77年4月の音源で統一されていますが。
B面は'74年から'76年までの様々なシチュエーションでの録音が集められています。
従って統一感も整合性にも欠けるのですが。全般的にジャケットとは相反する静かなカントリー調だったりします。
それが一転。あの稀代の傑作「Like A Hurricane」で。そのギターの轟音で景色が塗り替えられるのです。
ニールならではのヘヴィネスがこれでもかと炸裂し、8分以上もギターが泣き続ける様は圧巻の一言です。
いつどんな時も。自らの姿勢を崩さず立ち向かい続けるニール。その面目躍如ここにありの一撃なのです。
ハッキリ言って。このアルバムは「Like A Hurricane」1曲、その為に存在しているのです。
余談ですが。前年の来日公演でも演奏されていて。そのライブ・ヴァージョンも凄まじいの一言に尽きます。
(昔、その名も『Osaka』なる大阪公演を収録したブートがあって。それがねぇ、裏名盤だったのです)

天災だろうと。
人災だろうと。
巻き込まれちまったら。
逃げ遅れちまったら。
まぁ、しかたないわな。

なんとかならんかと。
手を尽して。
足を使って。
それでも。
防げきれなかった。
守りきれなかった。

そうなったら。
嵐の中で。
やるべきことは。
唯一つ。
立ち位置を決めたら。
腰を落として。
膝に力を入れて。

さぁ。

吹くだけ吹け。
降るだけ降れ。
荒れるだけ荒れろ。

それが。
どうした。
俺は俺で。
変わりはしないぞと。
変えられやしないぞと。

そう。
轟音で。
ヘヴィに。
弾きまくろう。
立ち続けてやろう。

嵐の中で。
唯我独尊。
それぐらいで。
ちょうどいい。

|

« 2010/02/08 Mon *不本意ながら / Eric Clapton | トップページ | 2010/02/10 Wed *なるようになる / Johnny Thunders »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47559927

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/02/09 Tue *嵐の中で / Neil Young:

« 2010/02/08 Mon *不本意ながら / Eric Clapton | トップページ | 2010/02/10 Wed *なるようになる / Johnny Thunders »