« 2010/02/27 Sat *信じちゃおう / Don Nix | トップページ | 2010/03/01 Mon *あの鐘の鳴るまで / The Who »

2010/02/28 Sun *ひねもす / Marc Benno

20100228minnows


ひねもす。
のたりのたりかな。
どころでは無かったみたいだけど。

目覚めて。
温泉に浸かって。
名残を惜しんで。

真っ当な。
朝ご飯を頂いて。
ゆっくりと山を下る。

明日からのことなど。
頭を過ぎるけど。
すぐにかき消して。

雨に煙ってはいるけれど。
緑の匂いも清涼で。
大きく深呼吸。

今日も。
ひねもす。
のたりのたりかなと。

『Minnows』'71年リリース。
その繊細な歌声が深く静かに胸に染み渡る、マーク・ベノの2ndアルバム。
スワンプ・ロックの中でもその切なさ、滲み出る哀感がなんとも魅力的だったりするのです。
ベノ自身もドアーズの『L.A. Woman』に参加していたりもする味のあるギタリストですが。
このアルバムではジェシ・エド・ディヴィスやボビー・ウォマックなんかも参加していて。
もうなんと言うか。なんとも深く、豊な、ある意味贅沢に煮込まれたサウンドとなっていて。
そんなスワンプな、南部臭たっぷりなサウンドをバックにするとベノの歌声の繊細さが鮮明になって。
そのあまりの心地良さに。時間とかなんだとか。そんななんやかやを総て忘れてしまいそうになるのです。
いや、時には本当に総て忘れてしまっているかも。忘れてただただだ何も考えず、何もせず。
そんな一日にはぴったりの、そんな一日をもたらしてしまうアルバムなのです。
タイトルからして“雑魚”ですしね。ジャケットもなんともなぁ、のたりのたりな感じですし。
こんなに切なく、優しく、でも情けなく、でもでも温かいアルバム。なんかそれだけでいいんじゃないかと。
まぁ、毎日このアルバムを聴いて。毎日のたりのたりじゃぁ。駄目なんだろけど。いや、それもいいかと(苦笑)。

ひねもす。
のたりのたりかな。
どころでは無かったみたいだけど。

そぞろ歩きながら。
土産物屋をのぞいて。
名物らしい和菓子を買って。

真っ当な。
昼ご飯を頂いて。
ゆっくりとお酒も味わって。

明日からのことなど。
頭に浮かんでも。
すぐに消えてしまって。

雨上がりの空を見上げて。
新鮮な空気を感じて。
大きく深呼吸。

今日も。
ひねもす。
のたりのたりかなと。

ひねもす。
のたりのたり。

一日が終わっていく。
二月が去っていく。
季節が巡っていく。

|

« 2010/02/27 Sat *信じちゃおう / Don Nix | トップページ | 2010/03/01 Mon *あの鐘の鳴るまで / The Who »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47715184

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/02/28 Sun *ひねもす / Marc Benno:

« 2010/02/27 Sat *信じちゃおう / Don Nix | トップページ | 2010/03/01 Mon *あの鐘の鳴るまで / The Who »