« 2010/03/03 Wed *譲れない / The Rolling Stones | トップページ | 2010/03/05 Fri *お別れなんですね / Chicken Shack »

2010/03/04 Thu *いささか / Rory Gallagher

20100304jinx


神も仏も。
信じてないので。
因縁とか縁起とかも。
気にしないし。
験を担ぐことも。
殆どないし。

なんだけど。

いささか。
いろいろ起きたので。
いささか。
想定外だったので。
いささか。
なんかあるのかなとか。
思ったりしないわけでもなくて。

なんてね。

『Jinx』'82年リリース。
クリサリス在籍時の最後を飾ることになったロリー・ギャラガーのアルバム。
クリサリス時代、それも後半のロリーはハード・ロック色が強かったのですが。
このアルバムではそんなハードな側面を残しつつも原点回帰を目指したが如く。
ロリー本来のブルースやR&Bに根差したラフでルーズで。
そして何よりも楽しげで伸びやかなギターのトーンとフレーズが印象に残ります。
ハードなロリーも魅力的ではありますが。やっぱりこっちの方がしっくりくるかな。
何よりもライブに定評があって。傑作とされるのもライブ・アルバムばかりで。
なかなかその熱さをスタジオ・アルバムに反映できなかったりもして。
この頃は商業的にもいまひとつ伸び悩んでいたこともあって。考えるところもあったのか。
このアルバムを最後に。自らのレーベルを立ち上げることになります。
アルバム・タイトルやタイトル曲の歌詞に。そんな何か、もやもやしたものを吹っ切ろうと。
そんなロリーの決意が感じられたりもします。その決意がサウンドに、ギターに反映したのかなと。
この後も商業的には恵まれずに。'95年にこの世を去ってしまったロリーですが。
伸びやかで、温かくて、懐の深さも感じられるギター、そして時に切ない歌声は今も充分に魅力的なのです。

神も仏も。
都合の良い時だけ信じるし。
因縁とか縁起とかも。
良いようにしかとらないし。
験を担いだなんて。
上手く行った時だけだし。

なんだけど。

いささか。
いろいろ起きたので。
いささか。
想定外だったので。
いささか。
なんかあるのかなとか。
思ったりしないわけでもなくて。

なんてね。

なにかに。
罅が入ったり。
なにかが。
欠けたり。
身代わりになってくれたのよと。
相方の言葉だけは信じてるし。
その言葉で吹っ切れもして。

それで。
自分なりの。
勘を信じて。
自分なりの。
験を担いで。
歩いてみたら。
探してみたら。
大当たりで。
収穫ありで。
しかも。
この価格でと。
なんだ。
まだまだいけるじゃないと。
いささかの。
不安も何処かへと。

やっぱり。
こんな時は。
どんな時も。
レコ屋のエサ箱を漁るに限るね(笑)。

|

« 2010/03/03 Wed *譲れない / The Rolling Stones | トップページ | 2010/03/05 Fri *お別れなんですね / Chicken Shack »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47741776

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/04 Thu *いささか / Rory Gallagher:

« 2010/03/03 Wed *譲れない / The Rolling Stones | トップページ | 2010/03/05 Fri *お別れなんですね / Chicken Shack »