« 2010/03/04 Thu *いささか / Rory Gallagher | トップページ | 2010/03/06 Sat *目覚めさせて / Jimi Hendrix Experience »

2010/03/05 Fri *お別れなんですね / Chicken Shack

20100305goodbye


さてと。
これでいいですかね。
これで全部ですよね。
これで終りですよね。

それでは。
これで失礼します。
これでいかれるんですね。
これでお別れなんですね。

まさか。
この時期に。
この状況で。
こんな形で。

別れの挨拶をすることに。
お世話になりましたと頭を下げて。
またいつかと握手を交わすことになるなんて。
そんなこと。
思いもしなかったけど。

『Goodbye Chicken Shack』'74年リリース。
解散を記念して(?)リリースされたチキン・シャックにとって初めてのライブ・アルバム。
メンバー・チェンジが日常茶飯事だったチキン・シャックです。今回も例に漏れず。
スタン・ウェヴ以外は総取替えの4人編成でのライブとなっていますが。そんなことなど。
何処吹く風と。自らのプレイに、ブルースに没頭するウェヴのギターが御機嫌です。
もともとフレディ・キングの影響が強いと思われるウェヴですが。
このアルバムではB.B.キングのナンバーを3曲も、サラッときめていたりします。
そんな軽い感じもありつつも。ラストの2曲では思いっきり弾けてブギーにR&Rしています。
(そうそう。フレディ・キングも取り上げていた「Going Down」のライブ・テイクもいい感じです)
で、弾けて解散させたウェヴ。サヴォイ・ブラウンに加入してみたり、新しいバンドを結成してみたりと。
試行錯誤した挙句。結局また新しいメンバーを集めてチキン・シャックを復活させています。
解散は無かったことになったのか。このアルバムは『Go Live』と改題されて再発されたりしています。
今も何処かで相変らず自分なりのブルースを演っているだろうウェヴ。その往生際の悪さも好きなんです(苦笑)。

だけど。
これでいいんですかね。
これが総てではないですよね。
これで終りだなんて。

それでも。
これでひとまずは。
ここでいくしかないんですね。
ここでお別を告げるしかね。

いつか。
時期が来たならば。
状況が変わったならば。
違う形で。

再会の挨拶をすることに。
お久しぶりですと微笑みあって。
宜しくお願いしますと握手を交わすことになるかもと。
そんなことを。
互いの心に秘めながら。

いまは。
ひとまず。
お別れなんですね。

互いに。
往生際が悪いから。
いつか。
無かったことにして。
会えることを祈りつつ。

いまは。
ひとまず。
さようなら。

|

« 2010/03/04 Thu *いささか / Rory Gallagher | トップページ | 2010/03/06 Sat *目覚めさせて / Jimi Hendrix Experience »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47743707

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/05 Fri *お別れなんですね / Chicken Shack:

« 2010/03/04 Thu *いささか / Rory Gallagher | トップページ | 2010/03/06 Sat *目覚めさせて / Jimi Hendrix Experience »