« 2010/03/11 Thu *お次は・・・ / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2010/03/13 Sat *くたばるまで / Heavy Metal Kids »

2010/03/12 Fri *脱け出よう / UFO

20100312lightsoutufo


偶には。
足を延ばして。
そこまで。
あそこまで。

電車に乗らず。
歩いてみる。
道はわからなくても。
地図など見なくても。

だいたい。
あっちの方で。
おそらく。
ここを曲がって。

急ぐ理由があるじゃなし。
街並を。
その色を。その匂いを。
眺めながら。感じながら。

脱け出よう。

『Lights Out』'77年リリース。
マイケル・シェンカーを擁してブリティッシュ・ハード・ロック・シーンの一翼を担っていたUFO。
その魅力は何と言ってもシェンカーのギター、その華麗にして叙情的なプレイに尽きます。
シェンカーが加入してから4枚目となるこのアルバムでもそれは変わることなく。
相変らず独特のそのリフ、フレーズが聴けるだけで。あぁ、UFOだな、シェンカーだなと嬉しくなってしまいます。
その独特の哀愁を感じさせる、激しさの影にどこか哀しいもの、暗いものを感じさせるシェンカーのギター。
その絶妙な揺れ具合が、翳り具合が時にどうしようもなく、堪らなく心を震わせる時があるのです。
このアルバムではサウンドそのものの重厚さが増していて。更には洗練された感じもあって。
特にスローなナンバーでは今までになかった程に劇的だったりします。ただそれにはちょっと違和感もあって。
なにもそこまで盛り上げなくても、甘くならなくてもいいんじゃないかと。
やはり。タイトル曲に象徴されるストレートなハード・ロックこそUFOの、シェンカーの真骨頂だなと。
そのリフに、フレーズに身を委ねると、何故か何処かへ脱け出ようと、そんな気持ちにさせられるのです。

偶には。
道を変えてみて。
そこまで。
あそこまで。

いつもの駅に向わず。
バスに乗ってみる。
ちょっと回り道になっても。
ちゃんと辿り着けるから。

やっぱり。
あっちに向うんだ。
そうなんだ。
ここを曲がっていくんだ。

決まった約束があるじゃなし。
街並を。
その色を。その匂いを。
眺めながら。感じながら。

脱け出よう。

こんなところに。
あったんだ。
こんなところに。
通じてるんだ。

偶には。
いつもの道を。
いつものコースを。
外れて。
足を延ばして。
回り道をして。
脱け出してみるのも。
面白くて。

見慣れない。
街の顔に。
自分の顔に。
出会えたりもして。

脱け出よう。

|

« 2010/03/11 Thu *お次は・・・ / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2010/03/13 Sat *くたばるまで / Heavy Metal Kids »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47803341

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/12 Fri *脱け出よう / UFO:

« 2010/03/11 Thu *お次は・・・ / The Sensational Alex Harvey Band | トップページ | 2010/03/13 Sat *くたばるまで / Heavy Metal Kids »