« 2010/03/15 Mon *まだまだ / AC/DC | トップページ | 2010/03/17 Wed *研いでいるか? / Spooky Tooth »

2010/03/16 Tue *立て、立つんだ / Thin Lizzy

20100316fighting


創ったり。
変えてみたり。
推し進めたり。
その前に。
ぶっ壊したり。

そんなことが。
大好きで。
そんなことが。
楽しくて。
手応えもあって。

なんだけど。

あまりに。
お話にならない。
あまりに。
目指すものが違ってる。
あまりに。
心が、魂が無い。

そうなっちゃうと。
馬鹿馬鹿しくなって。
どうでもよくなって。
闘う気も無くなっちゃって。
笑っちゃっうんだよな。

下りちゃって。
腰掛けちゃって。
両手を広げて。
やってらんないよ。
もう終りにしようぜ。

悪い癖だとは知りながら。

『Fighting』'75年リリース。
ツイン・リード・ギター編成となって2枚目となったシン・リジィの5thアルバム。
ツイン・リードの聴かせどころもツボを心得てきて。アルバム・タイトル通りにいよいよシーンに闘いを挑もうと。
そんな意欲、野望を感じさせる躍動感が全体に漂っていて。何かが始りそうな予感にも満ちています。
(日本盤のジャケットはメンバーが凶器を手にしている別カットで、より戦闘的な雰囲気を漂わせています)
実際にこのアルバムで確立した路線を推し進めて次作の『Jailbreak』でブレイクを果たすことになるのですが。
その前哨戦と言うか、嵐の前と言った感じの、このアルバムの手触り、肌触りもなかなかいいかなと。
それにしても面白いなと思うのは。米国人であるスコット・ゴーハムをリード・ギターの一翼に据えて。
カラッと、スコーンと突き抜けた様なサウンドを狙っていて、実際に開放的なサウンドなのですが。
そのメロディーや、フィルのヴォーカル、そしてサウンドにも隠しようの無い英国の香りが漂ってしまうところで。
その香り、情感が溢れ出してしまうところがシン・リジィならではの味になっていて、魅力的なのです。
躍動し、開放的でありながら同時にちゃんと泣いている・・・この絶妙の塩梅こそがシン・リジィかなと思うのです。

創らないとか。
変えないとか。
進めないとか。
その前に。
ぶっ壊さないとか。

それじゃぁ。
面白くもなんともないし。
そんなことは。
好きでもないし。
なんの手応えもないし。

なんだけど。

あまりに。
そんな話が多すぎて。
あまりに。
目的があやふやで。
あまりに。
志が低すぎて。

そうなっちゃうと。
あほらしくなって。
勝手にやってればと。
闘う気も無くなっちゃって。
笑っちゃっうんだよな。

外れちゃって。
眺めちゃって。
両手をポケットに突っ込んで。
やってらんないよ。
もう終りにしようぜ。

悪い癖だとは知りながら。

なんだけど。

そんな時に。
風が吹いてくる。
手が伸びてくる。
声が聞えてくる。

立て、立つんだ。

上がってこいと。
戻ってこいと。
ファイティング・ポーズをとれと。

面倒だなと思いつつ。
煩わしいなと思いつつ。
もういいじゃんと思いつつ。
少しは面白いのかなと。
少しは楽しめるのかなと。
少しは期待もあったりして。

立て、立つんだ。

仕方ないなぁ。
取りあえず。
ファイティング・ポーズをとって。
ジャブだけでも撃ってみようかな。

立て、立つんだ、立つんだ、TAC~(笑)。

|

« 2010/03/15 Mon *まだまだ / AC/DC | トップページ | 2010/03/17 Wed *研いでいるか? / Spooky Tooth »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47839925

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/16 Tue *立て、立つんだ / Thin Lizzy:

« 2010/03/15 Mon *まだまだ / AC/DC | トップページ | 2010/03/17 Wed *研いでいるか? / Spooky Tooth »