« 2010/03/16 Tue *立て、立つんだ / Thin Lizzy | トップページ | 2010/03/18 Thu *物足りない / The Rolling Stones »

2010/03/17 Wed *研いでいるか? / Spooky Tooth

20100317bestofspookytooth


研いでいるか?
その牙を。
その爪を。
どうなんだ?
今年はどうなんだ?

ちょっと肌寒いけど。
天気もいいし。
そろそろ。
どうしても。
気になるし。
出かけよう。
観に行こう。

穏かな春の一日。
休みを取って。
野球場の。
外野スタンドに腰掛けて。
白球の行方を。
選手の動きを。
追ってみる。

『The Best Of Spooky Tooth』'76年リリース。
ツイン・ヴォーカルにツイン・キーボードと個性的な編成だったスプーキー・トゥース。
アルバム毎にそのサウンドに変化があり、解散と再結成を繰返したスプーキー・トゥースのベスト・アルバム。
実質的な活動期間は7年ほどで(後にまたまた再結成したみたいですが)。メンバー・チェンジも多くて。
どうもいまひとつハッキリしないと言うか、物足りなさ、食い足りなさを感じさせるのですが。
基本はブルースをベースとしたハードでヘヴィーなサウンドで。その迫力はなかなかのものです。
ギターにルーサー・グロブナー、ベースにグレッグ・リドリーと腕達者なつわものが名を連ねていて。
ソウルフルなマイク・ハリソン、裏声も駆使するスウィートなゲイリー・ライトと個性的な2人の歌声の絡みもあって。
お互いに刺激しあい、連なり、融合し、爆発した時のその破壊力は臓腑を抉るが如くで。
「Better By You, Better Than Me」とか「Evil Woman」なんてのはその何たるかが如実に表れています。
他にもかの「Tobacco Road」に聴ける黒っぽさなんてのも実にいい感じです。
結局R&B志向のハリソンとポップ志向のライトが上手く噛み合わなくなって、それぞれが主張しあって。
キャリアを通じての統一感に欠けてしまったのが商業的に成功しなかった原因だったかなと思われます。
いや、特に初期に見られるその牙の鋭さが素晴しいだけに。ついつい歯痒さも感じたりするのでした。
その歯痒さとか。人の出入りが多いとか、両雄並び立たずとか。どこかのチームと似てたりもして(苦笑)。

研いでいるか?
その牙を。
その爪を。
いけるのか?
今年こそいけるのか?

ちょっと寒すぎないか。
フォッサム・・・。
球速無さすぎ。打たれすぎ。
いくら制球が良くても。
魔球(?)があっても。
2試合連続でボロボロで。
今年も新外国人は外れなのか。
そうなのか。

岩田も開幕絶望だし。
久保はお腹壊してるし。
下柳は打球当ててるし。
メッセンジャーとかも外れっぽいし。
福原も金村も予想通り復活しないし・・・

春かな。開花するかな。
桜井、いいじゃないか!
2打席連続ホームラン。
この長距離砲が8番なんて。
破壊力充分。ド迫力。
7番のブラゼルも一発。
重量打線の完成だ。

鳥谷は完全に一皮剥けたし。
金本も開幕には上げてくるし。
新井もガニマタ打法で復活するし。
城島の加入は大きいし。
赤星はいなくなったけど・・・

真弓の采配がどうもとか。
ベテラン偏重は変わらずとか。
狩野が勿体無いとか。
マートンの中堅守備は無いだろうとか。
機動力が使えないとか・・・

ルーキーの藤川俊が溌剌としてた。
緊急昇格した上園が良かった。
筒井もきっちり仕事をした。
球児のストレートは相変らず凄かった!

そうさ。
いろいろあるけれど。
上手く噛み合って。
爆発すれば。
六甲颪が必ず吹くさ!

その牙の。
その爪の。
鋭さを。
今年は。
(今だけは)
信じていよう。
頑張れ。頼むぞ。
阪神タイガース!

それにしても。
ちょっと。
寒かったかな(苦笑)。

|

« 2010/03/16 Tue *立て、立つんだ / Thin Lizzy | トップページ | 2010/03/18 Thu *物足りない / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47856725

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/17 Wed *研いでいるか? / Spooky Tooth:

« 2010/03/16 Tue *立て、立つんだ / Thin Lizzy | トップページ | 2010/03/18 Thu *物足りない / The Rolling Stones »