« 2010/03/20 Sat *十年後も、その先も / Ten Years After | トップページ | 2010/03/22 Mon *お箸の国の人だもん / The Animals »

2010/03/21 Sun *あの頃・今日・これから / Bob Dylan

20100321dylanatbudokan


あの頃。
今日。
これから。

時は止まらなくて。
時は流れていて。
変わらずにいられない。
同じではいられない。
立ち止まってはいられない。

だが。
時は繋がっていて。
時は流れていて。
変わらない思いが蘇ったり。
同じ風を感じてたり。
並んで転がっていたことに気づかされたり。

あの頃。
今日。
これから。

『Bob Dylan At Budokan』'78年リリース。
ボブ・ディランの初来日公演、同年の2月28日と3月1日に録音され22曲が収録された2枚組ライブ・アルバム。
当初は日本のみでのリリースでしたが、欧米でも評判となり'79年には他の国でもリリースされました。
(同じ様な経緯を辿ったチープ・トリックの『At Budokan』とこのアルバムが武道館を世界に知らしめたのでした)
武道館で8回、松下電器体育館で3回、計11回の公演で約10万人を動員したと言う初来日公演。
女性コーラス3名を含め総勢11名ものバンドを率いたディランの姿には戸惑いを覚えたファンが殆どだった様で。
また演奏されるナンバーもオリジナルとは大幅にアレンジが異なっていて。それが尚更反応を微妙にしたとかも。
正直、総てのアルバムを聴きこむ程の熱心なディラン・ファンでは無く、このアルバムで知ったナンバーもあって。
その戸惑いとか、微妙な反応ってのは解らないところもあって。自分としてはただこのアルバムを聴くと。
単純に。やっぱりいい曲が多いなとか、大編成ならではのゴスペルにも通じそうなグルーヴが堪らないなとか。
何よりも。ディランが歌ってる。それだけで。その歌声だけで。納得させらてしまう存在感、それがロックだなと。
同じライブ盤として『Before The Flood』とどちらが好きか、どちらに針を落とす回数が多いかとか訊かれたら。
それはまぁ、『Before The Flood』のザ・バンドとの共演も、それは好きだし、確かにより多く聴いてはいるけれど。
この32年前の武道館のディランにも。36年前のロスのディランにも。その時のディランを、ロックを感じるかなと。
そして。今日、今夜、観た、聴いたディランの歌声にもまた新たなディランを、ロックを強く感じたのでした。

あの頃。
今日。
これから。

時は止まらなくて。
時は流れていて。
変わらずにいられない。
同じではいられない。
立ち止まってはいられない。

だが。
時は繋がっていて。
時は流れていて。
変わらない思いが蘇ったり。
同じ風を感じてたり。
並んで転がっていたことに気づかされたり。

あの頃。
今日。
これから。

今日。
今夜。
待ち合わせて。
偶然再会して。
呼び出されて。
集って。
飲んで。
語って。
笑って。
挑んで。
抱き合って。

あの頃。
今日。
これから。

それぞれの。
思い。空気。歩き方。
時に重なり。
時に並んで。
時に離れて。
時に・・・

そこに音楽があって。
そこにロックがあって。
それを感じる誰かがいて。
それを共にできる誰かがいて。

あの頃も。
今日も。
そして。
これからも。

|

« 2010/03/20 Sat *十年後も、その先も / Ten Years After | トップページ | 2010/03/22 Mon *お箸の国の人だもん / The Animals »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47894096

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/21 Sun *あの頃・今日・これから / Bob Dylan:

« 2010/03/20 Sat *十年後も、その先も / Ten Years After | トップページ | 2010/03/22 Mon *お箸の国の人だもん / The Animals »