« 2010/03/23 Tue *小さなことから / Small Faces | トップページ | 2010/03/25 Thu *繋がってる?繋がれてる? / Jeff Beck »

2010/03/24 Wed *家の近くに / The Hollies

20100324holliesgreatest


家の近くに。
バス停がある。
ある街に行くのに。
そこに停まるバスが便利で。
途中の街並も楽しめるし。
更に言えば。
どの最寄り駅よりも。
家に近いので。
出かけるにしても。
帰ってくるにしても。
楽でいいなと。

てな訳で。
最近はよくバスに乗っている。
そういう訳で。
今日もこうしてバスを待っている。
あいにくの雨模様。
それでも何故か。
待つのも楽しかったりする。

やってきた。
ドアが開く。
車内には車内の。
雨の匂い。
それも好きだったりする。

『Hollies' Greatest』'80年リリース。
英国盤では'68年にリリースされたホリーズのベスト・アルバムの米国盤。
ジャケットは英国盤と同一ですが曲目は異なっていて。残念なことに10曲収録と曲数も少なくなっています。
なんで10年以上も経ってから?とか。どうせなら曲数も減らさなくても良かったんじゃないかとか。
言いたいことは言いたいのですが。まぁ、米国でヒットした、馴染み深かったナンバーだけを厳選したのかなと。
これはこれでコンパクトで。あっという間に爽やかに駆け抜けていく様がホリーズらしいかなと思ったりもして。
A面頭があの「Bus Stop」ですので。あのイントロが聴こえてきた瞬間にホリーズの世界に引き込まれて。
もうそのまま一気に最後まで。その絶妙なハーモニーに耳を、心を奪われてしまうのです。いいなぁ。
あまりに「Bus Stop」だけで語られすぎ・・・と言うか「Bus Stop」しか知られていなかったりするホリーズ。
確かにいつ聴いても。こう胸の奥から何か甘酸っぱいものがこみ上げてくる永遠の名曲ですが。
何だかそのタイトルを口にするだけで胸の内のどこか柔らかいところをギュッと掴まれる様で大好きなのですが。
それだけでは無くて。「Just One Look」とか「Look Through Any Window」とか「Here I Go Again」とか。
アラン・クラーク、グラハム・ナッシュ、トニー・ヒックスのハーモニーの美しさ、そして弾けるビートの心地良さ。
特にそのハーモニーの影に隠れがちですが。ヒックスのギターとリズム隊の見事な演奏も実に素晴しいのです。
特にヒックスは個人的には12弦ギターの弾き手としてはロジャー・マッギンと双璧を成すかなと思ってます。
どこかサイケなジャケットも人気がありますが。中身とは時期的に合って無いのが残念かな。

家の近くに。
バス停がある。
ある街に行くのに。
そこに停まるバスが便利で。
途中の街並も楽しめるし。
更に言えば。
どの最寄り駅よりも。
家に近いので。
出かけるにしても。
帰ってくるにしても。
楽でいいなと。

てな訳で。
今日もまたバスに乗っている。
そういう訳で。
こうして車窓から外を眺めてる。
あいにくの雨模様。
それもまた何か。
風情が感じられて楽しかったりする。

停まった。
ドアが開く。
車内に新たな。
雨の匂い。
それも好きだったりする。

走り出す。
曇ったガラスの向こう側。
街並がゆっくりと流れていく。
あの店、美味しそうだな。
あの店、何の店だろう。
この辺、また変わってるな。
この辺、昔のままだな。
あぁ、もうすぐ降りなきゃな。
もう少しこのまま乗っていたいなぁ・・・

家の近くに。
バス停がある。
てな訳で。
最近はよくバスに乗っている。
今日もまたバスに乗っている。
バスに乗るのを楽しんでいる。

|

« 2010/03/23 Tue *小さなことから / Small Faces | トップページ | 2010/03/25 Thu *繋がってる?繋がれてる? / Jeff Beck »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/47912769

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/03/24 Wed *家の近くに / The Hollies:

« 2010/03/23 Tue *小さなことから / Small Faces | トップページ | 2010/03/25 Thu *繋がってる?繋がれてる? / Jeff Beck »