« 2010/05/07 Fri *新しい相棒は? / Johnny Winter And | トップページ | 2010/05/10 Mon *夜の街に / Foghat »

2010/05/09 Sun *色鮮やか、目に鮮やか / Cream

20100509disraeligearsukmono


初夏。
色鮮やか。
目に鮮やか。

山の中。
木々鮮やか。
花々も鮮やか。

見ているだけ。
感じるだけ。
それだけで。
何かが。
吹き抜けていく。
洗われていく。

初夏。
色鮮やか。
目に鮮やか。

『Dearaeli Gears』'67年リリース。
『カラフル・クリーム』の邦題で知られるクリームの2ndアルバム。
クリームはライブだろうと言う人も多いですし。確かにライブでの壮絶なクリームも好きですが。
クリームの魅力はそれだけじゃないぞと。ポップでキャッチーなヒット・メーカーとしてのクリームもいいぞと。
ブルースをベースに。ハードにサイケにと。ジャケット通りの鮮やかさ、邦題通りのカラフルさで。
そのサウンドの幅も広がり、またそのサウンドでこれまた彩り豊なメロディーが奏でられると言う。
そんなカラフルでサイケでもあるクリームならではの魅力が1枚のアルバムにコンパクトに凝縮されているのです。
クラプトンのギターも。あの円やかなウーマン・トーンやワウワウを使ったりとか様々な表情が楽しめるし。
またジャック・ブルースのベースが。これがいい音で鳴っているんですね。この中低音の響きは堪りません。
やはりこのアルバムも。英国オリジナル盤、それもモノラル盤で聴くとその深みにはまってしまいます。
そんな音の良さも含めて。あの時代に。一足早くブルース・ロックの殻を破って、世界に飛び出して。
その先へと塗り替えて見せた。ロックの可能性を鮮やかに示して見せた、感じさせたアルバムだったのかなと。
「Strange Brew」もいいけど。「Sunshine Of Your Love」は初めて耳にした時から、もう本当に大好きですね。

初夏。
色鮮やか。
目に鮮やか。

山の中。
木々鮮やか。
花々も鮮やか。

見ていただけ。
感じただけ。
それだけでも。
間違いなく。
吹き抜けていった。
洗われてしまった。

初夏。
色鮮やか。
目に鮮やか。

誰も。
何人も。
創り得ない。
描けない。

その。
色に。
彩に。
気に。

包まれる。
触れられる。
それだけで。
ただ。
それだけで。
鮮やかに。
身の内より。
塗り替えられていく。
染められていく。

さぁ。
新しい季節へ。
初夏へ。
その先へ。

|

« 2010/05/07 Fri *新しい相棒は? / Johnny Winter And | トップページ | 2010/05/10 Mon *夜の街に / Foghat »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/48337441

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/05/09 Sun *色鮮やか、目に鮮やか / Cream:

« 2010/05/07 Fri *新しい相棒は? / Johnny Winter And | トップページ | 2010/05/10 Mon *夜の街に / Foghat »