« 2010/06/02 Wed *ダイアモンドだね~ / The Rolling Stones | トップページ | 2010/06/04 Fri *人に歴史あり / Alex Harvey And His Soul Band »

2010/06/03 Thu *売りものは / The Yardbirds

20100603fiveliveyardbirds


それだけじゃないんだ。
売りものは。
それだけじゃなくて。
これも。
こんなものもあるんですよと。

確かに。
知名度は低いし。
今までは。
誰も本気で取組んでもいないし。
表紙しか。
目次しか。
無かったから。
しかたないのだけれど。

それだけじゃないんだと。
こんなこともやってるんですよと。
告知して。
広報して。
宣伝して。
知らしめて。
広げて。
浸透させていかないと。

『Five Live Yardbirds』'64年リリース。
ロンドン・マーキー・クラブで収録されたヤードバーズのライブ・アルバムにしてデビュー・アルバム。
ライブ・アルバムでデビューと言うのも珍しいと思うのですが。レギュラーだったマーキーでの。
その熱気溢れるステージをそのままパッケージして世間を驚かせようとの狙いだったのでしょうか。
その狙いは大成功で。バンドの演奏は熱く迫力充分だし、観客の熱狂振りも凄まじいしと。
とても臨場感溢れる傑作ライブ・アルバムとなっています。当時としては驚異的に録音状態もいいし。
さて。このアルバムの売りものと言えば。既に“スロー・ハンド”とMCで紹介されている。
エリック・クラプトンのそのギターだと言うのが定説で。常にそれでのみ語られている気もしますが。
いや、確かに。既にクラプトンのギターは抜きん出ているし、特徴的ではあるのですが。
ちょっと待てよと。それだけじゃないんだと。それだけでは語れない魅力もあるんだよと。
その。それだけじゃない売りものがキース・レルフのヴォーカルとブルース・ハープだったりするのです。
レルフと言うと。やれ声量が無いだの、やれ線が細いだのと。やたらと低評価が目立ったりもしますが。
それは最後までヤードバーズと運命を共にしたが為に、無意味にロバート・プラントと比較されたからであって。
確かに。黒っぽくはないし、力強くはありませんが。その蒼く性急なヴォーカルとハープの。
その鋭さや危うさ。そのスリリングでパンキッシュな魅力は、このアルバムに関してはクラプトンを凌駕してるぞと。
全編R&Bやブルースのカヴァーをビシッと決めてみせる。そんなクールなヤードバーズのフロントに立って。
見事にバンドを追いたて、牽引してみせる。やはりレルフの個性も売りものだったのだと思うのです。

これだって間違いなく。
売りものいなる。
それだけじゃなくて。
これも。
必要としている人達がいる。

確かに。
目立ちはしないし。
今までは。
解りづらくて後回しにされやすくて。
漠然とした。
話しか。
無かったから。
しかたないのだけれど。

それだけじゃないんだと。
こんなこともやれるんですよと。
告知して。
広報して。
宣伝して。
知らしめて。
広げて。
説得していかないと。

売りものは。
ここにもあるぞと。
見えてないだけ。
気づいてないだけ。
惑わされてるだけ。

こんな。
個性も。
売りものになるんだぞと。
画策中。

|

« 2010/06/02 Wed *ダイアモンドだね~ / The Rolling Stones | トップページ | 2010/06/04 Fri *人に歴史あり / Alex Harvey And His Soul Band »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/48562732

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/06/03 Thu *売りものは / The Yardbirds:

« 2010/06/02 Wed *ダイアモンドだね~ / The Rolling Stones | トップページ | 2010/06/04 Fri *人に歴史あり / Alex Harvey And His Soul Band »