« 2010/06/27 Sun *必要なもの / Keith Moon | トップページ | 2010/06/30 Wed *慌てない、慌てない / The Rolling Stones »

2010/06/28 Mon *先輩は先輩、師匠は師匠 / John Baldry

20100628everythingstops


何年経っても。
幾つになっても。

変わらないものがある。
変えられないものがある。
変わらない。
変えられない。
そのことが。
嬉しいものがある。

今は。
普段は。
離れている。
立ち位置も変わっている。
時が横たわっている。
街も。
景色も。
変わっている。

でも。
こうして。
話してると。
聞いてると。
自然と。
甘えて。
素直になって。
少し緊張して。

『Everything Stops For Tea』'72年リリース。
'60年代から活躍していたジョン・ボールドリー。
ブリティッシュR&B屈指の名盤たる1stアルバムをリリースした後は。
若き日のロッド・スチュワートもメンバーだったスティーム・パケットを結成するも短命に終わって。
その後はポップ路線に転向して。ソフトなヒット曲を放ったりするのですが。どうにも居心地が悪そうで。
まぁ、ボールドリー自身も本来の志向であるR&Bとかブルースとかを歌いたかったのだと思うのですが。
そんなボールドリーの原点回帰に手を貸したのがそのロッドとエルトン・ジョンで。
昔のお世話になった恩返しとばかりに。師匠ボールドリーのアルバムに参加してプロデュースも手掛けました。
このアルバムはそんな原点回帰路線の2枚目で。A面がエルトン、B面がロッドのプロデュースとなっています。
その黒い声には定評があり、それこそが魅力だったボールドリーです。
「Iko Iko」とか「You Can't Judge A Book By The Cover」なんてのを聴いてると。
そうだよな。やっぱりボールドリーはR&Bを歌ってこそ、ブルースを歌ってこそだよなと改めて感じるのです。
そして。ボールドリーのギターとロッドのバンジョー、2人のヴォーカルだけで奏でられるナンバーに。
その「Mother Ain't Dead」での寄り添う姿に変わらぬ師弟関係を感じて。思わず微笑んでしまうのです。
そうそう。このいかにも英国的なジャケットとアルバム・タイトルも好きなんですよね。

何年経っても。
幾つになっても。

変わらないものがある。
変えられないものがある。
変わらない。
変えられない。
そのことが。
嬉しいものがある。

昔は。
いつも。
側にいて。
同じ場所を目指して歩いて。
同じ時間を過ごしてきた。
街も。
景色も。
変わったけれど。

でも。
こうして。
語っていると。
飲んでいると。
簡単に。
戻って。
素直になって。
少し調子に乗って。

何年経っても。
幾つになっても。

教えられて。
導かれて。
包まれて。
穏やかになれて。
笑顔になれて。

先輩は先輩。
師匠は師匠。

だから。
こうして。
酌み交わす時間は。
何にも。誰にも。
止めることはできないね。

|

« 2010/06/27 Sun *必要なもの / Keith Moon | トップページ | 2010/06/30 Wed *慌てない、慌てない / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/48815132

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/06/28 Mon *先輩は先輩、師匠は師匠 / John Baldry:

« 2010/06/27 Sun *必要なもの / Keith Moon | トップページ | 2010/06/30 Wed *慌てない、慌てない / The Rolling Stones »