« 2010/07/10 Sun *家族 / Leon Russell | トップページ | 2010/07/14 Wed *この道を / Stephen Stills - Manassas »

2010/07/13 Tue *此処はどこ?私はだれ? / Marc Benno

20100713lostinaustin


此処はどこ。
私はだれ。

陽炎の向こうに。
道が。
街が。
歪んで見える。
霞んで見える。

初めてじゃないのに。
なぜ。
解らない。
なぜ。
迷う。

此処はどこ。
私はだれ。

『Lost In Austin』'79年リリース。
スワンプ・ロックの吟遊詩人(?)マーク・ベノの7年振りとなった4thアルバム。
ベノのアルバムと言えば。何と言っても『Minnous』が出色ではあるのですが。
その傑作2ndアルバムと比しても見劣りしない・・・は言い過ぎかもしれませんが、このアルバムも味があります。
ベノの味、繊細で切なくて。でも正直少し情けなくて。でもでもとても温かくて。それがベノの魅力です。
このアルバムではそんなベノを当時のエリック・クラプトン・バンドが全面的にサポートしていて。
そのツボを押さえた強力なサウンドをバックに。朴訥としたベノの歌声がいい塩梅で流れていくのです。
決して派手ではなく。強烈な個性があるわけでもなく。でも。この歌声と、その紡ぎだすメロディーの美しさ。
これに魅せられると離れがたくなるのです。クラプトンもそんな1人だったんでしょうね。
だからこそ。程よくレイド・バックした米国南部な、スワンプなサウンドでベノを温かく包み込んでいます。
それにしても。このアルバムも7年振りで。その後長い沈黙の時間を過ごして。
数年前には奇跡とも言える来日公演も実現しましたが。その後はまた表立った動きも無くなっていて。
そんな。どこか所在無げで。心ここにあらずで。実にマイ・ペースなベノですが。
(まぁ、それはボビー・ウィットロックとかロジャー・ティリソンとか、ここらの人はみな同じ様なものですけどね)
そんなところにも惹かれるのかな。またどこぞで迷って。まぁ、いいかなんて彷徨っているのでしょうが。
またいつか。元気な歌声を聴かせてくれたらいいなぁとは、いつも心の片隅で思っているのです。

此処はどこ。
私はだれ。

陽炎の向こうで。
道が。
街が。
微笑んでみせる。
手を振ってみせる。

初めてじゃないから。
だから。
解らない。
だから。
迷う。

此処はどこ。
私はだれ。

たぶん。
おそらく。
いや。
絶対に。
この夏のせいだけじゃなく。
この暑さのせいだけじゃなく。
迷っている。
彷徨いたがっている。
この街で。
この日々の中で。

此処はどこ。
私はだれ。

|

« 2010/07/10 Sun *家族 / Leon Russell | トップページ | 2010/07/14 Wed *この道を / Stephen Stills - Manassas »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/48977615

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/07/13 Tue *此処はどこ?私はだれ? / Marc Benno:

« 2010/07/10 Sun *家族 / Leon Russell | トップページ | 2010/07/14 Wed *この道を / Stephen Stills - Manassas »