« 2010/07/13 Tue *此処はどこ?私はだれ? / Marc Benno | トップページ | 2010/07/16 Fri *類まれな / Bobby Whitlock »

2010/07/14 Wed *この道を / Stephen Stills - Manassas

20100714downtheroad


バスを。
途中で降りて。
歩き出す。

この道を。
少し行ったところに。
少し下ったところに。

偶にしか足を運ばない。
お店がある。
普段は。
あまり使わなくて。
あまり気に留めないのだけど。

そこでしか。
手に入らないものもあって。
ふと。
それがどうしても。
欲しくなる、食べたくなることがあって。

この道を。
少し行ったところまで。
少し下ったところまで。

『Down The Road』'73年リリース。
スティーヴン・スティルス率いるマナサスの2ndアルバム。
スティルスが自分の追及するサウンドを追い求めてクリス・ヒルマン等の個性的な面子を集めて。
米国南部の香りを色濃く漂わせながらも様々な表情を見せてくれるマナサスですが。
それでいてバラバラにならずに統一感のあるロック・アルバムになってるのは流石スティルスと。
その統率力や、プロデュース能力に改めて感じ入ったりします。スティルス、もっと評価されてもいいなと。
そして。ヒルマン始め、アル・パーキンス、ジョー・ララ達が存分にその腕を発揮していて。
生み出されるサウンドの弾みっぷり、粘り気、そして濃厚で熱い味わいがなんともいい塩梅なんです。
この塩梅。米国南部の香り具合。ストーンズの『Exile On Main St.』にも通じるものがあるかもしれません。
まぁ、それを言えば『Exile On~』と同じ2枚組の1stアルバムがより近いのかもしれませんが。
このアルバムでは1枚に凝縮されて、より濃縮された魅力が感じられるかなと。
逆に1枚じゃ物足りない感じがする瞬間もあって。そこがマナサスの懐の深さでもあるかなと思います。

買い物を終えて。
裏道に入って。
歩き出す。

この道を。
少し行ったところに。
少し下ったところに。

偶にしか足を延ばさない。
お店からの帰り道。
普段は。
めったに歩かないから。
目にする風景も少し新鮮で。

そこでしか。
目にできない表情もあって。
ふと。
そのことが愛しく思えて。
立ち止まり、佇んでしまうこともあって。

そして。
また。
ゆっくりと。
歩き出す。
そして。
徐々に。
急ぎ足で。
歩き続ける。

この道を。
少し行ったところまで。
少し下ったところまで。

さぁ。
もうすぐ。
我が家だ。

|

« 2010/07/13 Tue *此処はどこ?私はだれ? / Marc Benno | トップページ | 2010/07/16 Fri *類まれな / Bobby Whitlock »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/48993571

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/07/14 Wed *この道を / Stephen Stills - Manassas:

« 2010/07/13 Tue *此処はどこ?私はだれ? / Marc Benno | トップページ | 2010/07/16 Fri *類まれな / Bobby Whitlock »