« 2010/08/10 Tue *今年の夏は / Blue Cheer | トップページ | 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain »

2010/08/11 Wed *真夏の夜の夢 / J. Geils Band

20100811nightmares


真夏の夜。
夢を見て。
夢に魅せられて。
夢の中。
漂って。
彷徨って。

真夏の夜。
今夜も。
真夜中過ぎ。
明け方近く。
夢の中。
何処へ。何を。

『Nightmares...And Other Tales From The Vinyl Jungle』'74年リリース。
最強のB級バンドにして、最高のロックン・ロール・バンドだったJ.ガイルズ・バンドの6thアルバム。
先ずは何てたってA面1曲目の「Detroit Breakdown」の、そのキメまくりのカッコ良さ。
“デトロイト・ブレイクダウン、ザ・モーター・シティ・シェイクダウン~♪”ときたもんだ。どんなもんだいと。
J.ガイルズ・バンドのアルバムはどれも結構A面1曲目がカッコ良くて。解ってるなって感じなんですけど。
決まり具合ではこのナンバーか『Bloodshot』の「(Ain't Nothin' But A) House Party」が双璧かな。
で、アルバム頭から全開で。そのまま黒くタフでファンキーなビートのままに突っ走って実にご機嫌なのです。
決して巧いバンドじゃなくて、洗練されてもいないけど。それ故の心意気、それ故の匂いが堪らないのです。
黒光りする、粋がってカッコつけたロックン・ロール。これって簡単にできそうで、実はできなくて。
そんなロックン・ロールをキメまくるJ.ガイルズ・バンド、これで惚れなきゃ男が廃るってもんじゃないですか。
こんなロックン・ロールを聴いたなら。真夏の夜の悪夢も、ご機嫌な夢になっちまうってなもんです!

真夏の夜。
夢を見て。
夢に魅せられて。
夢の中。
浮いて。
流されて。

真夏の夜。
今夜も。
眠りに落ちながら。
目覚めを迎えながら。
夢の中。
何処だ。誰だ。

真夏の夜。
毎夜の如く。
夢の中。
漂って。
彷徨って。
見たことある様で。
どこか歪んでて。
何処へ。何を。
浮いて。
流されて。
会ったことある様で。
どこか謎めいてて。
何処だ。誰だ。

真夏の夜。
今夜も。
夢の中。
妙に生々しくて。
妙に意味ありげで。

真夏の夜の夢・・・

|

« 2010/08/10 Tue *今年の夏は / Blue Cheer | トップページ | 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/49157905

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/08/11 Wed *真夏の夜の夢 / J. Geils Band:

« 2010/08/10 Tue *今年の夏は / Blue Cheer | トップページ | 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain »