« 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain | トップページ | 2010/08/15 Sun *この建物、この街並み / Led Zeppelin »

2010/08/13 Fri *少しだけ、あと少しだけ / Janis Joplin

20100813kozmicblues


少しだけ。
あと少しだけ。

頑張ってみる?
やってみる?
ほんとうに。
少しだけ。
あと少しだけ。

もう週末だし。
今週は結構働いたし。
今週も変わらず暑かったし。
今週は結構人にも会ったし。
今週も変わらず暑かったし。

それにね。
13日の金曜日だから。
さっさとね。
終わりにして。
引き上げて。
休みたいけれど。

少しだけ。
あと少しだけ。

『I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama !』'69年リリース。
ジャニス・ジョプリンの実質的な2ndアルバムにして初のスタジオ・アルバム。
あのモンタレーでオーティス。レディングのステージを最前列で陶然として見つめていたジャニス。
ソウルに、そのエモーショナルな歌声に傾倒し、耽溺していたジャニス。
自分もオーティスの様なバンドを従えて、オーティスの様に歌いたい、ソウル・レビューで歌いたい。
思い込んだら一筋、とことんのジャニスです。ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーとは別れて。
理想のサウンドを追い求めて新たにホーン・セクションをも含んだ新しいバンドを結成して。
そのコズミック・ブルース・バンドを従えての念願のソロ・アルバムがこのアルバムだったわけです。
尤も。テクニシャン揃いのメンバー達の奏でるサウンドが綺麗過ぎる、かっちりし過ぎてるとの評もあって。
また致し方ないことですが、ビッグ・ブラザー~ほど一体感のないバンドにジャニスがストレスを感じたりと。
必ずしも好評ばかりでなく、総てが順調だった訳でもなかった様ですが・・・それがどうしたと。
思いを込めた、理想のサウンドをバックに歌うジャニスの歌声。その歌声の前ではやはり言葉を失います。
確かにアレンジが甘過ぎたり、ジャニスの歌もやや大人しく纏ってしまっているナンバーもありますが。
ジャニスの自伝の如き「Kozmic Blues」、ジャニスのフェイバリットだった「Little Girl Blue」...
その切ないと言うにはあまりに痛切に胸に沁み込んでくる歌声を耳にすると、いつも心穏やかではいられません。
そして。「Try (Just A Little Bit Harder)」の。その力強さ、その聴く者を鼓舞しないではおかない力強さは。
まさに。憧れのオーティスの「Try A Little Tenderness」に通じるものさえあるのではないかと思うのです。
その。もう少し頑張ってみようよって歌詞が、結局はジャニスが自分に向けて歌っていたんだろうなと。
そんなことを考えてしまうと。また哀しくはなってしまうのですけどね。
余談ですが。このアルバムの米国オリジナル盤はなかなかに迫力のある太い音がします。
音質、音圧と言うと英国オリジナル盤にばかり注目しがちですが。時に、米国オリジナル盤も侮れません。

少しだけ。
あと少しだけ。

挑戦してみる?
試してみる?
ほんとうに。
少しだけ。
あと少しだけ。

もう随分たったし。
ここまで結構自分も動いたし。
ここまでも変わらず熱かったし。
ここまで結構人も動かしたし。
ここまでも変わらず熱くいられたし。

それにね。
もうお盆だからね。
さっさとね。
終わりにして。
引き上げて。
休みたいけれど。

少しだけ。
あと少しだけ。

手にしたいのなら。
抱きたいのなら。
楽しみたいのなら。
笑いたいのなら。

少しだけ。
あと少しだけ。
やってみるのも悪くはない。

|

« 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain | トップページ | 2010/08/15 Sun *この建物、この街並み / Led Zeppelin »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/49176115

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/08/13 Fri *少しだけ、あと少しだけ / Janis Joplin:

« 2010/08/12 Thu *そこに山があるから / Mountain | トップページ | 2010/08/15 Sun *この建物、この街並み / Led Zeppelin »