« 2010/08/21 Sat *日本の夏、日本の四季 / スピッツ | トップページ | 2010/08/25 Wed *我が道 / 麻生レミ »

2010/08/22 Sun *夏なんだな / ザ・ハイロウズ

20100822lobster


夏なんだな。

そうさ。
あの頃は。
あの日々は。
夏だったんだな。

日の出とともに。
飛び起きて。
夕暮れまで。
遊びまわってた。

泥んこになって。
膝すりむいて。
赤チン塗って。

草野球。
狙うのはホームランだけ。
自慢の自転車で。
隣の町の大きな池まで。
幻の池の主を狙って。
寄り道。
駄菓子屋でアイスを買って。
裏山に作った。
秘密基地で作戦会議。

夏だったんだな。

『ロブスター』'98年リリース。
あの松本人志、松ちゃんの書き下ろしイラストがジャケットを飾っているハイロウズの3rdアルバム。
うん。そうです。ハイロウズです。好きだったんです。ヒロトとマーシー、なんてカッコいいんだろうと。
うん。そうなんです。同年代なので。そうなんだよ、解るぜって。その世界や感覚を共有できて。
うん。でもね。どうしたら。こんな歌が書けるんだろう、こんな歌が歌えるんだろうって、嫉妬したりもして。
うん。だってね。これやられちゃったら、これ聴いちゃったら。もう何にも言えないじゃんってね。
何も言えないくらい、ヒロトとマーシーの描き出す世界、ヒロトとマーシーのロックン・ロールは大好きなんです。
特にこのアルバムはハイロウズのアルバムとしては個人的には一番好きかもしれません。
この明るさ、この強さ、そしてこの切なさ。まごうことなきロックン・ロールが鳴り続けています。
歌詞もメロディーも、ジャケットやインナーにも。終わることのない夏のイメージがあって。それがまた堪らなくて。
針を落とせば、いっつも。むやみに明るく楽しくなって。間違いなく力づけられて。そしてちょっと感傷的に。
あぁ、夏だったんだなと。そして今も。未だ夏なんだなと。今も。未だ続いているんだなと。
「不死身のエレキマン」「千年メダル」「真夜中レーザーガン」...そして「夏の地図」...そうだよな。
大人のフリしてる場合じゃないし、6月と9月にはさまれたのが夏じゃないんだよな。そうなんだよな。

夏なんだな。

そうさ。
あの頃は。
あの日々は。
夏だったんだな。

日の出とともに。
飛び起きて。
夕暮れまで。
走り続けていた。

汗だくになって。
腹ペコだけど。
どこまでも行けそうで。

草野球。
三振ばっかりしてたけど。
自慢の自転車の。
チェーンが外れて手も顔も真っ黒で。
釣れるのはカエルやザリガニばっかりで。
帰り道。
駄菓子屋で会ったあの娘にドキドキして。
秘密基地に帰っても。
顔は真っ赤で。胸も早鐘の様で。
でもそれだけだったけど。

夏だったんだな。

未だ。
ホームランは打ててない。
未だ。
池の主を釣り上げていない。
未だ。
あの娘にちゃんと伝えてない。

未だ。
夏なんだな。

|

« 2010/08/21 Sat *日本の夏、日本の四季 / スピッツ | トップページ | 2010/08/25 Wed *我が道 / 麻生レミ »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

そうか八月には最後の夜が
あと一つだけ夜がある
夏が残した最後の夜が
あと一つだけ夜がある


か…  終わらない夏に生きてても、この時期には、他の季節の終わりには無いなんとも言えない感情があるな。
ヒロトや、マーシーや、清志郎や、チャボが描く夏の情景が好きです!

投稿: HiRO | 2010-08-31 21:20

勿論、本当はそんなわけないんだけど。
子供の頃の思い出って何故かぜ~んぶ、夏のイメージがあって。
楽しかった夏休みとか、その夏休みが終わっちゃうっていう、寂しさとか。
それが強烈に印象に残ってるのかもね。

終わらない夏、終われない夏、終わらせたくない夏・・・

ヒロトや、マーシーや、清志郎や、チャボが描く夏の情景は俺も大好きです!

投稿: TAC | 2010-09-02 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010/08/22 Sun *夏なんだな / ザ・ハイロウズ:

« 2010/08/21 Sat *日本の夏、日本の四季 / スピッツ | トップページ | 2010/08/25 Wed *我が道 / 麻生レミ »