« 2010/08/30 Mon *刻まれている / Rory Gallagher | トップページ | 2010/09/03 Fri *女ともだち / 南沙織 »

2010/08/31 Tue *真夏の幻影 / Nutz

20100831nutz


もうこれは。
残暑なんかではなくて。
もうこのまま。
次の季節なんか廻ってこないかも。

それくらい。
いつまでも。
毎日。毎日。
暑くて。暑くて。

そうなると。
いま。
見えてるものが。
起きていることが。
目の前のそれが。
本当のことなのか。
それとも。
幻影なのか。
解らなくなったりする。

そう。
もうずいぶん前の。
あの夏の日も。
そうだった・・・

『Nutz』'74年リリース。
リヴァプール出身で、キャヴァーン・クラブで注目を集めて。デビューして。
ハンブルグに巡業に行って。帰ってきたらヒット曲が生まれていて人気者になっていて。
そんなどこかで聞き覚えのある様なサクセス・ストーリーを歩んだバンド、ナッズの1stアルバム。
何と言ってもこのジャケットがインパクトが強烈というか、実に魅惑的だったりします。
基本的にはブリティッシュ・ハード・ロックに分類されるバンドだと思うのですが。
メロディーがキャッチーなナンバーが多かったりして、そのサウンドは実にポップだったりもします。
多用されているハーモニーなんか聴いてると、ちょっとクイーンを思わせたりもします。
このアルバムでの編成はヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスの4人組なのですが。
フリーとかでの活動で知られるラビットがキーボードで参加しているナンバーもあったりします。
そのナンバーも含めて。何故かアメリカン・ロックにも通じる乾いた爽快さを感じさせるものもあって。
それもまたナッズの個性となっています。まぁ、今ではすっかり忘れ去られたバンドですが。
この個性的すぎるジャケットだけは、忘れられないで遺って・・・いかないか、好きなんですけどね(笑)。

そう。
もうずいぶん前の。
あの夏の日も。
そうだった・・・

あの夏。
あの日。
あの昼下がり。
約束の時間に遅れそうで。
早足で坂道を上り続けて。
どこまでも続きそうな坂道と。
あまりの暑さに。
ちょっと、否、かなり朦朧と歩いていたら。
目の前を・・・

歩いている女の娘の。
そのスカートが捲れ上がったままで。
純白の下着をさらしたままで。
その娘はひたすら歩き続けていて。
脇目も振らずに歩き続けていて。

あの夏も。
いつまでも。
毎日。毎日。
暑くて。暑くて。

そうなると。
いま。
見えてるものが。
起きていることが。
目の前のそれが。
本当のことなのか。
それとも。
幻影なのか。
解らなくなったりする。

なぜ。なぜ。なぜ。
あの娘のスカートは捲れあがったままなのか。
あの娘は気づかないのだろうか。
誰も気に留めないのだろうか。注意しないのだろうか。
気づかないほどの、注意させないほどの勢いで。
あの娘はどこへ向かっているのだろう。
なぜ。なぜ。なぜ。
あの娘は俺の前を歩いているんだろう。
これは。何かの罠なのか。
それとも。ただの幻影なのか。
急がなきゃいけないのに。
呆然と立ち尽くして。
遠ざかる後姿を見送って・・・

もうこれは。
残暑なんかではなくて。
もうこのまま。
次の季節なんか廻ってこないかも。
そんな夏には。
また幻影が現れそうで(笑)。

|

« 2010/08/30 Mon *刻まれている / Rory Gallagher | トップページ | 2010/09/03 Fri *女ともだち / 南沙織 »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/49375746

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/08/31 Tue *真夏の幻影 / Nutz:

« 2010/08/30 Mon *刻まれている / Rory Gallagher | トップページ | 2010/09/03 Fri *女ともだち / 南沙織 »