« 2010/09/29 Wed *倒れた・・・かな? / The J. Geils Band | トップページ | 2010/10/01 Fri *あの頃僕も・・・ / Eric Clapton »

2010/09/30 Thu *あの人と僕だけが / Dave Mason

20100930alonetogether


あの人と僕は。
知っている。

この状況が。
どういうものなのか。
どうするべきなのか。
知っている。

そもそも。
お互いに。
ここまで来るには。
ここに至るまでには。

それなりの。
知識も。技術も。
知恵も。技量も。
蓄えてきてるから。
知らないほうがおかしい。

問題は。
あの人と僕しか。
いないってことで。
そっちにはあの人。
こっちには僕。

あの人と僕だけが。
知っている。

『Alone Together』'70年リリース。
名曲「Feelin' Alright」を置き土産に(?)トラフィックを脱退したデイヴ・メイソン。
そのメイソンが英国を離れて米国に渡って。デラニー&ボニーやレオン・ラッセルなどなど。
スワンプ・ロック勢の協力の下に製作した初めてのソロ・アルバム。
英国と米国南部、スワンプ・ロックの邂逅と言うと。どうもエリック・クラプトンが先駆けで功労者ってことですが。
ところが実際には。メイソンとグラム・パーソンズの交流がきっかけで。メイソンがデラニー&ボニーと知りあって。
その音楽に衝撃を受けて。ジョージ・ハリスンやクラプトンに紹介したってのがどうやら真実の様ですが。
兎にも角にも'69年には録音を終えていたらしいこのアルバム、その素晴らしさ、実りの豊かさ。
英国的な陰り、メイソンならではの叙情を湛えたメロディーと米国南部の泥臭さ、スワンピーなサウンドと。
その双方の絶妙なさじ加減、塩梅での融合が実になんとも美しくて、温かくて、切なくもあって。
クラプトンの初めてのソロ・アルバムに勝るとも劣らぬブリティッシュ・スワンプの名盤なのです。
契約を巡るゴタゴタで。先に製作しながらもリリースが遅れた為に、クラプトンの二番煎じ的扱いもされて。
いまやその知名度の差は如何ともしがたいのですが。絶対に忘れてはならないアルバムだと思います。
「Only You Know And I Know」「World In Changes」「Look At You Look At Me」...
ギタリスト、シンガー、そしてソングライターとしてのメイソンの実力が遺憾無く発揮されているアルバムなのです。

あの人と僕は。
知っている。

この状況が。
どうにもならなくても。
どうにかしなければいけないと。
解っている。

そもそも。
お互いに。
ここまで来るには。
ここに至るまでには。

伊達や酔狂で。
修羅場も。
土壇場も。。
超えてきたわけではないから。
解らないほうがおかしい。

問題は。
あの人と僕しか。
いないってことで。
そっちにはあの人。
こっちには僕。

あの人と僕だけが。
解っている。

甘い。
魅惑的な。
秘め事だったら。
それでいいのだけれど。

そんな。
艶やかな。
溺れたくなる様な。
話ではないからね。

しつこく。
しぶとく。
二人以外にも。
知らせていかなきゃ。
解らせていかなきゃ。
いけないんだよなぁ。

長いおつきあいになりそうですねぇ(苦笑)。

|

« 2010/09/29 Wed *倒れた・・・かな? / The J. Geils Band | トップページ | 2010/10/01 Fri *あの頃僕も・・・ / Eric Clapton »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/49643526

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/09/30 Thu *あの人と僕だけが / Dave Mason:

« 2010/09/29 Wed *倒れた・・・かな? / The J. Geils Band | トップページ | 2010/10/01 Fri *あの頃僕も・・・ / Eric Clapton »