« 2010/11/02 Tue *忘れはしない / Red Warriors | トップページ | 2010/11/04 Thu *伏兵 / Marc Benno »

2010/11/03 Wed *いつもの様に / Delaney & Bonnie & Friends

20101103tobonniefromdelaney


いつもの様に。

近所で買い物を済ませて。
ご飯を炊いて。お魚焼いて。
根深汁なんかも作って。

食卓を用意して。
お皿とお箸を並べて。
ご飯をよそって。お味噌汁もつけて。

手を合わせて。
二人で頂きます。

四日ぶりに。
いつもの食卓。
いつもの食事。
いつもの会話。
いつもの笑顔。

いつもの様に。

『To Bonnie From Delaney』'70年リリース。
わざと互いの視線を逸らしたかの様子も仲睦まじい、デラニー&ボニーの4枚目のアルバム。
米国だけでなく英国にもスワンプ・ロックの種を撒いて、花を咲かせたデラニー&ボニー。
しかしながら共に歩んできたフレンズ達が、レオン・ラッセルやエリック・クラプトンに引き抜かれてしまって。
それは無いんじゃないのと言いたいところをぐっとこらえて。ジェリー・ウェクスラーとトム・ダウドに支援を頼んで。
マイアミのクライテリア・スタジオを中心に、デュアン・オールマンやデキシー・フライヤーズの助けを借りて。
言わば再起を図ったアルバムなのですが。そこは確固たる信念をもち、強固な絆で結ばれた2人です。
バックアップしてくれるメンバーが変わっても。なんら変わることは無く。いつもの様に。デラニー&ボニーの。
その熱く、明るいサウンドと、ソウルフルな歌声で。いつもの様に。聴く者の胸を熱くさせてくれるのです。
いつもの様に。デラニーとボニーのその歌声には心震えるのですが。特に、やっぱりボニー。
彼女の歌声はもうソウルそのもので。そう肌の色なんか関係なくて。ボニーはソウル・シンガーなんだなと。
スワンプ・ロックだとか。ソウルだとか。もうそんなことはどうでもよくて。いいものはいいんだと。
そして。そんないいもの、素晴らしい歌声、音楽が絶えずそばにある。いつもの時間、日々が愛しいんだなとね。

いつもの様に。

寒い夜は鍋にしようかと。
冷蔵庫を覗いて。適当に見繕って。
しめは饂飩がいいかなと。

テーブルコンロを用意して。
沸騰させて。ことこと煮込んで。
出汁はでたかな。柔らかくなったかな。

手を合わせて。
二人で頂きます。

四日ぶりに。
いつもの食卓。
いつもの食事。
いつもの会話。
いつもの笑顔。

いつもの様に。

いつもの時間。
いつもの日々。
愛おしくて。
いつもの様に、が一番いいな。

|

« 2010/11/02 Tue *忘れはしない / Red Warriors | トップページ | 2010/11/04 Thu *伏兵 / Marc Benno »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/49967726

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/03 Wed *いつもの様に / Delaney & Bonnie & Friends:

« 2010/11/02 Tue *忘れはしない / Red Warriors | トップページ | 2010/11/04 Thu *伏兵 / Marc Benno »