« 2010/11/07 Sun *帰ってきたぞ、帰ってきたぞ / Johnny Winter | トップページ | 2010/11/10 Wed *逃げるんだ / RCサクセション »

2010/11/09 Tue *鳴かぬなら / Flamin' Groovies

20101109shakesomeaction


鳴かぬなら・・・

どうします?

殺せるものならって。
殺したら終わっちゃいますよ。
待ってみるかって。
待ってたらずっとこのままですよ。

鳴かせてみせようたって。
簡単ではないですけどね。
無理強いしても。頼み込んでも。
駄目そうですからね。

ならばこそ。
あんなことも。こんなことも。
あんな手も。こんな策も。
考えうる総てを尽くして。
鳴くように仕向けるしかないでしょう。

鳴かぬなら、ね。

『Shake Some Action』'76年リリース。
'60年代から活動していたフレイミン・グルーヴィーズ。
米国でガレージ・ロックのバンドとしてその筋では名を馳せていたらしいのですが。
大きな成功を手にすることは無く。メンバー・チェンジを経て英国に活動拠点を移して。
徐々にサウンドも変化して。ビートルズ・ミーツ・バーズ、で、ちょっとストーンズみたいな。
やはりその筋には受けそうな。でも絶対にメジャーにはならない立派なパブ・ロック・バンドになったと。
でもなかなかレコード会社との契約には至らなかったみたいで。このアルバムも。
デイヴ・エドモンズをプロデューサに迎えてレコーディング自体は'72年くらいから行われていたとも。
よくめげなかったなとも思いますが。そんな苦労を感じさせずに飄々としているところもパブ・ロックかと。
勿論、自分たちのやりたいロックン・ロールをやる為に、鳴らす為に、世に出す為に。
アルバム・タイトルではありませんが、色々と動いたりはしたんでしょうけどね。大したことじゃないよと。
本当に飄々と。何食わぬ顔で。ご機嫌に、渋く、そしてちょっと懐かしく切ないロックン・ロールを決めてくれる。
そんなフレイミン・グルーヴィーズ。こんなバンドがあったこと、それが堪らなく嬉しかったりするのです。

鳴かぬなら・・・

どうもこうもなく。

殺しちゃ駄目だし。
待ってても埒が明かない。
鳴いてもらうしかないんだから。
やってみるしか道はないでしょう。

鳴かせてみせようたって。
簡単ではないことなんか。
端っから解ってたし。よくある話だし。
駄目そうでも、何でも。

ならばこそ。
あんなことも。こんなことも。
あんな手も。こんな策も。
色々と思いつく限り動いて。
鳴かざるを得ない様にするすかないでしょう。

鳴かぬなら、ね。

だから。
考え過ぎずに。
読み過ぎずに。
その前に。
動きましょう。
動いて。
動け!

鳴かぬら・・・
いつまでも鳴かないなら。
いいかげん。
殺しちゃえって。
言いたいところではあるけれど。
本音はね。
そうもいかないからねぇ・・・

|

« 2010/11/07 Sun *帰ってきたぞ、帰ってきたぞ / Johnny Winter | トップページ | 2010/11/10 Wed *逃げるんだ / RCサクセション »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50009908

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/09 Tue *鳴かぬなら / Flamin' Groovies:

« 2010/11/07 Sun *帰ってきたぞ、帰ってきたぞ / Johnny Winter | トップページ | 2010/11/10 Wed *逃げるんだ / RCサクセション »