« 2010/11/13 Sat *友あり / Joe Cocker | トップページ | 2010/11/16 Tue *愛だろう、愛、愛が足りないっ! / Peter & Gordon »

2010/11/15 Mon *雨の日でも / Frankie Miller

20101115dancingintherain


雨だ。
しかも。
雨の月曜日だ。

なんとか。
どうにか。
もっていたのに。
日暮れとともに。
降り出した。

雨だ。
しかも。
雨の月曜日だ。

まったくさ。
嫌になるよな。
気が滅入るよな。
こたえるよな。

それでも。
だからこそ。
雨の中へ。
勢いつけて。
雨の中で。
軽やかに。
舞う様に。
ステップ踏む様に。

『Dancing In The Rain』'86年リリース。
英国のオーティス・レディングとも称されたフランキー・ミラー。
ブルー・アイド・ソウル・シンガーの最高峰の一人であるミラーの9thアルバム。
そのソウルフルでエモーショナルな歌声が魅力なミラーです。その歌声の素晴らしさは例えるならば。
同じスコットランド出身のロッド・スチュワートに勝るとも劣らないのではないかと。
まぁ、ロッドより武骨で不器用で野暮ったいのですが、それもまたミラーならではの味わいだったりします。
レコード会社の意向か。'70年代後半からそのロッドを意識したかのアルバムを制作したりもして。
些か居心地が悪そうではありましたが。その歌声の素晴らしさと、滲み出る歌うことへの情熱や愛情。
そんなものには変わりが無くて。あぁ、ミラーらしいなとか思ったりもしました。
サイモン・カーク、ブライアン・ロバートソンを擁したこのアルバムでも。そのハードなサウンドをバックに。
変わらない素晴らしい、味わい深い歌声を聴かせてくれています。いつも。どんな時も。変わらずに。
真摯に、ひたむきに。そして楽しみながら歌っているミラーの姿が思い浮かんで、微笑んでしまいます。
'94年に病に倒れて今も闘病中のミラー。このアルバムが事実上のラスト・アルバムとなってしまっています。
いつかまた。いつの日か。奇跡が起こらないかと。今も願っているんですけどね。

雨だ。
しかも。
月曜日から雨だ。

なんとか。
どうにか。
もたせているのに。
これからと言う時に。
降り出した。

雨だ。
しかも。
月曜日から雨だ。

まったくさ。
水を差すなよな。
気分が萎えるよな。
なんだかな。

それでも。
だからこそ。
雨の中へ。
勢いつけて。
雨の中で。
軽やかに。
舞う様に。
ステップ踏む様に。

雨の日でも。
雨の月曜日でも。
いつも。
どんな時も。
変わらずに。
さぁ。
踊り続けよう!

|

« 2010/11/13 Sat *友あり / Joe Cocker | トップページ | 2010/11/16 Tue *愛だろう、愛、愛が足りないっ! / Peter & Gordon »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50050153

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/15 Mon *雨の日でも / Frankie Miller:

« 2010/11/13 Sat *友あり / Joe Cocker | トップページ | 2010/11/16 Tue *愛だろう、愛、愛が足りないっ! / Peter & Gordon »