« 2010/11/15 Mon *雨の日でも / Frankie Miller | トップページ | 2010/11/17 Wed *いま一度/ Them »

2010/11/16 Tue *愛だろう、愛、愛が足りないっ! / Peter & Gordon

20101116aworldwithoutlove


愛だろう、愛。
愛が足りないんじゃないか。

愛じゃ大袈裟だっていうなら。
思いやりとか。
気遣いとか。
共感でもいいけどさ。

そんなものが。
足りないから。
欠けてるから。
ちょっとしたことでも。
些細なことでも。
許せなくて。
認められなくて。

誰かに。
押し付けたり。
誰かを。
傷つけたり。
誰にも。
無関心になったり。

別に。
ベタベタしたくは無いし。
慣れあったり。憐れみあったり。
そんなのは御免だけど。
皆、それぞれでいいんだけど。
それにしてもさ、ちょっとばかり。
やばくないかなぁ。

『A World Without Love』'64年リリース。
ロンドン出身のデュオ、ピーター&ゴードンの米国での1stアルバム。
黒縁メガネのピーター・アッシャーの妹がポール・マッカートニーのガール・フレンドだったので。
ポール作(レノン=マッカートニー名義)のアルバム・タイトルにもなった「A World Without Love」を提供されて。
全英、全米で1位を獲得するビッグ・ヒットとなって。一躍ブリティッシュ・インベイジョンを代表するデュオへと。
この後もポールに提供されたナンバーをヒットさせていて。確かにその援護射撃が大きかったのは事実ですが。
ポップなナンバーから、フォーク、ロックン・ロール、R&Bと。どんなスタイルにも対応して。
その美しいハーモニーで、聴く者の世界に爽やかな風を運んできて、その胸をキュンと締めつける。
そんな甘酸っぱい魅力はピーター&ゴードンならではであって。時々無性に聴きたくなってしかたがないのです。
このアルバムでも「Lucille」とか「Five Hundred Miles」とか堪らないものがあります。
でもまぁ、タイトル・ナンバーがやっぱり一番かな。なんとも美しいこと、そして切ないこと。
もうイントロが流れてくるだけで。それだけで。本当に。恥ずかしながら胸がキュンとなるのです。素晴らしいです。
このジャケットも。モノクロームの中にタイトルだけが朱く浮かび上がって。そのセンスもいいなと思います。

愛だろう、愛。
愛が足りないんじゃないか。

愛じゃ照れくさいっていうなら。
思いやりとか。
気遣いとか。
共感でもいいけどさ。

そんなものが。
減ってるから。
忘れられてるから。
ちょっとしたことでも。
些細なことでも。
不安になって。
余裕がなくなって。

誰かに。
押し付けたり。
誰かを。
傷つけたり。
誰にも。
無関心になったり。

別に。
ベタベタしなくていいし。
慣れあったり。憐れみあったり。
そんなことを望んではいないけれど。
人、それぞれだからいいんだけど。
それだからこそさ、ちょっとばかり。
思ってみないかなぁ。

自分は自分。
誰かは誰か。
同じではない。
でも。誰もが。今日も。
笑ってる。怒ってる。哀しんでる。楽しんでる。
何かを思ってる。何かを感じてる。何かに頑張ってる。
それは変わらないんじゃないのかと。
そのことを少しでも気に掛けることができれば。
そうすれば・・・

愛なき世界になっちゃ駄目だろう。
愛なき世界になんかならないよな。
未だどこかで信じていたいんだ。
だから。
愛だろう、愛!

|

« 2010/11/15 Mon *雨の日でも / Frankie Miller | トップページ | 2010/11/17 Wed *いま一度/ Them »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50061147

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/16 Tue *愛だろう、愛、愛が足りないっ! / Peter & Gordon:

« 2010/11/15 Mon *雨の日でも / Frankie Miller | トップページ | 2010/11/17 Wed *いま一度/ Them »