« 2010/12/08 Wed *なぜ / John Lennon | トップページ | 2010/12/10 Fri *繋ぐもの / The Who »

2010/12/09 Thu *夜のしじま / Maggie Bell

20101209queenofthenight


夜のしじまに。

思考が流れ出す。
思いが溢れ出す。
夜の気配が。
その静けさが。
その穏やかさが。
その秘めやかさが。

思わぬ思考を。
潜んでいた思いを。
誘いだす。
目覚めさせる。

夜のしじまに。

『Queen Of The Night』'73年リリース。
ストーン・ザ・クロウズを率いていた、マギー・ベルの1stソロ・アルバム。
ストーン・ザ・クロウズが解散して。心機一転、新たな一歩を踏み出したマギーです。
タイトル・ナンバーが象徴する様に。夜のしじまに流れ出して行く様なマギーの熱い歌声。
夜のしじまに溢れ出して行く様なその思いまで感じられそうで、グッと引き込まれます。
英国のジャニス・ジョプリンとも称されたマギー、その熱く迫力に満ちたシャウトが魅力なのですが。
ちょっと抑えた時の、滲み出る情感もまた、やや手触りは異なりますがいいんです。
やや異なると言えば。このアルバムでは様々なカヴァー・ナンバーも歌われているのですが。
そのアレンジや、マギーの歌い方もオリジナルやよく知られているヴァージョンとは異なっていて。
「A Woman Left Lonely」も「After Midnight」も「We Had It All」も「Trade Winds」も。
それぞれこのアルバムならでは、マギーならではの味わいがあったりもします。
夜のしじまの中で。一人そのマギーの歌声に身を委ねると、熱くなり、温かくなり、優しくなれるのです。

夜のしじまで。

考えるともなく考える。
とりとめも無く思いを巡らす。
夜の気配が。
その静けさが。
その穏やかさが。
その秘めやかさが。

思わぬ思考を。
潜んでいた思いを。
露にする。
描かせる。

夜のしじまで。

陽の下でとは。
ちょっと違う。
やや異なる。
思いもよらぬ。
その感触に。

夜のしじまの中で。

熱くなり。
温かくなり。
優しくなっていく。

夜のしじまの中で。

|

« 2010/12/08 Wed *なぜ / John Lennon | トップページ | 2010/12/10 Fri *繋ぐもの / The Who »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50277024

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/09 Thu *夜のしじま / Maggie Bell:

« 2010/12/08 Wed *なぜ / John Lennon | トップページ | 2010/12/10 Fri *繋ぐもの / The Who »