« 2010/12/11 Sat *真夜中午前一時過ぎ / Wilson Pickett | トップページ | 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley »

2010/12/12 Sun *いま、できること / Aretha Franklin

20101212arethanow


いま。
できること。

何としてでも。
何をしてでも。
何でも。

そうさ。
そう思ってる。
思ってるんだ。

でも。
そう思っていても。
できることなんて。
限られていたり。
及ばないものだったり。

だから。
いま。
できること。

思いを込めて。
祈ること。
小さな声でも。
ありったけの。
思いを込めて。
祈ること。

『Aretha Now』'68年リリース。
クイーン・オブ・ソウル、レディ・ソウル、アレサ・フランクリンのアトランティックでの4thアルバム。
アトランティックにおける'70年代前半までのアレサは、もう本当に凄くて素晴らしくて・・・
なんて言葉も陳腐に聴こえてしまうほどなのですが。特にこのアルバムまでの4枚はもう、ね・・・
アレサに触発されたかの様に、リズム隊も、ホーンズも、コーラスも素晴らしいのですが。
やっぱりアレサ。その歌声はやはり唯一無比の天賦の才で、神憑っているとさえ思えて。
そして。凄く熱くて。凛としていて。優しくて。そしてそして。とても生々しくて。人間臭くて。
何でもある様で。矛盾している様で。とにかくあらゆるもの、総てを包み込んでいるかの如くなのです。
「Think」、キング牧師の暗殺に対する怒りや悲しみ、自由への切実で抑えられない希求を歌い上げたこの曲。
その1曲を聴くだけでも、聴けるだけでもこのアルバムは十分に存在意義のあるものなのですが。
「See Saw」「Night Time Is Right Time」「You Send Me」...とどれも素晴らしく、アレサでしかなく。
バート・バカラック作でディオンヌ・ワーウィックで有名な「I Say A Little Prayer」、このポップなナンバーも。
アレサによって実にソウルフルな、ソウルでしかない、もう思わず一緒に祈ってしまいそうになる様な。
そんな心を震わせる、涙溢れさせるナンバーへと昇華されているのです。
いま、闘病しているアレサ。再び、あの素晴らしい歌声が帰ってくることをと。いま、祈ることしかできないけれど。

いま。
できること。

何としてでも。
何をしてでも。
何でも。

そうさ。
そう思ってる。
思ってるんだ。

でも。
そう思っていても。
できることなんて。
限られていたり。
及ばないものだったり。

だから。
いま。
できること。

思いを込めて。
祈ること。
小さな声でも。
ありったけの。
思いを込めて。
祈ること。

手を握って。
話しかけて。
早く。
退院祝いしましょうねと。
また。
レコード聴きに来てくださいねと。
握った手の温かさを。
頷いた瞳の力強さを。
信じて。
思いを込めて。
祈ること。

それが。
いま。
できること。

それだけ。
それだけだから。
小さな声でも。
ありったけの。
思いを込めて。
祈るんだ。

|

« 2010/12/11 Sat *真夜中午前一時過ぎ / Wilson Pickett | トップページ | 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50304621

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/12 Sun *いま、できること / Aretha Franklin:

« 2010/12/11 Sat *真夜中午前一時過ぎ / Wilson Pickett | トップページ | 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley »