« 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley | トップページ | 2010/12/15 Wed *一晩中でも / Rainbow »

2010/12/14 Tue *しるし / Mavis Staples

20101214mavisstaples


しるし。
しるしがあればと。

初めて会う人。
出会ってまもない人。
この人は。
果たして。
信用できるのか。
この人と。
果たして。
仲間になれるのか。

会話の端々。
投げられる言葉。
返ってくる言葉。
目の動き。
その仕草。
なにより。
身に纏った空気。

この人は。
どっち?

しるし。
しるしはないかと。

『Mavis Staples』'69年リリース。
今年もウィルコのメンバーを従えたアルバムで健在ぶりを示していたメイヴィス・ステイプルズ。
そのメイヴィスがステイプル・シンガーズ時代に発表した初めてのソロ・アルバム。
先ず何が凄いかって。このジャケット。ド迫力の顔のアップに一際目を引く額のしるし。
不勉強にしてこの海星だか星だかが何を意味しているのかは知らないのですが。目立つでしょうと。
未だソウルなんて聴くようになる前から。何かで見かけたこのジャケットだけは忘れられなかったですからね。
さて。肝心の中身はと言うと。これまた凄い・・・素晴らしくて。メイヴィスのその歌声に魅せられてしまいます。
初めてのアルバムらしく。オーティス・レディングの「Security」とかサム・クックの「You Send Me」とか。
選曲もオーソドックスで。サウンドも実に安心感のあるサウンドで。そこはスティーヴ・クロッパーの。
そのプロデューサーとしてのセンスの良さが遺憾なく発揮されているなと思うのですが。
それに支えられて、それを従えて。歌うメイヴィスの、そのソウルフルでダイナミックなこと。堪りません。
アレサ・フランクリンと同じくゴスペルで育って。ステイプル・シンガーズで歌い続けていたメイヴィスです。
その歌声が聴こえてくるだけで。空気が動き、風が吹き・・・その匂いに魅せられてしまうのです。
その額だけではなく、その歌声にもしるしが、あぁ、この人は信用できるな、あぁ、この人好きになるなって。
そんなしるしがあるのです。そして。そんなメイヴィスが好きだってあなたなら、仲間になれるなってね(笑)。

しるし。
しるしがあればと。

目の前にいる人。
笑みを浮かべている人。
この人は。
果たして。
信頼できるのか。
この人と。
果たして。
一緒ににやれるのか。

会話の端々。
投げ返す言葉。
間をおいて発せられる言葉。
目はどこに。
仕草はなにを。
なにより。
そこに風は吹きそうか。

この人は。
どっち?

しるし。
しるしはないかと。

音楽が。
好きな。
気の合う。
気の置けない。
そんな仲間は。
その空気。
その風。
なにより。
その匂いで。
すぐわかるんだけど。

ビジネスはねぇ・・・

しるし。
しるしはないかと(苦笑)。

|

« 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley | トップページ | 2010/12/15 Wed *一晩中でも / Rainbow »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50323990

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/14 Tue *しるし / Mavis Staples:

« 2010/12/13 Mon *もっと、もういっちょう / Arthur Conley | トップページ | 2010/12/15 Wed *一晩中でも / Rainbow »