« 2010/12/18 Sat *忘れないで下さい / Keith Richards And The X-Pensive Winos | トップページ | 2010/12/21 Tue *異邦人 / Bob Seger & The Silver Bullet Band »

2010/12/20 Mon *僕らはみんな / Thin Lizzy

20101220liveanddangerous


僕らはみんな。
生きている。

生きているから。
楽しいことに巡り会ったり。
嬉しいことがやってきたり。
で、笑っちゃったり。
で、飛び跳ねちゃったり。

そりゃ、まぁ。
いつもいつも。
楽しくはないし。
嬉しいことばかりではないけれど。
それでも、まぁ。
それなりに。
長く生きていると。
楽しいことや。
嬉しいことも。
それなりに。
結構あるじゃんと。

生きてこそ。
生き延びてみるもんだとね。

『Live And Dangerous』'78年リリース。
'76年の『Johnny The Fox』に伴うツアーと'77年の『Bad Reputation』に伴うツアー。
2つのツアーからそれぞれロンドンとトロントでの公演の音源を収録したシン・リジィの2枚組ライブ・アルバム。
ジャケットのフィル・りノットの迫力に先ずはやられますが。針を落とせばまたまたやられます。
何と言ってもフィル自らが認める最高のメンバーが揃っていた絶頂期のシン・リジィのライブです。
フィルとブライアン・ダウニーのリズム隊に、ブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムのツイン・リード・ギター。
フィルのドライブするベースと、まさに絶妙なドラミングでバンドを支え、牽引していくダウニー。
そしてロバートソンとゴーハムの烈しく美しく絡み合うギター。う~ん、これぞシン・リジィだなと。
フィルのヴォーカルもスタジオ録音以上に熱く優しくエモーショナルで、背筋に電流が走る瞬間さえも。
シン・リジィのオリジナル・アルバムには必ずどこかに甘さが漂うところがあったりもして。それも魅力なのですが。
このライブ・アルバムではその甘さが無くて。どこまでも烈しく美しく。そこには緊張感もあって。
実はロバートソンの負傷による一時離脱や、ゴーハムが脱退を考えていたりと。揺れ動いていた時期でもあって。
それがこのアルバム、そのもととなったツアーにも少なからず影響を与えていたのかなとも思います。
実際にこのアルバムを最後にロバートソンが脱退。ゲイリー・ムーアが加入します。
そのムーアも、『Black Rose A Rock Legend』を遺してそのツアー中に失踪してしまったりと。
その危うい、何が起こるかわからない様な展開も何故かシン・リジィらしいななどとも思ってしまうのですけどね。
そうそう。全くの余談ですが。昔、カッコいいベーシストって言ったら誰だろうって話をよく友達としたのですが。
必ず名前が挙がったのがクラッシュのポール・シムノンとフィルでしたね。

僕らはみんな。
生きている。

生きているから。
危ないことに巡り会ったり。
やっかいなことがやってきたり。
で、驚いちゃったり。
で、飛び上がっちゃったり。

そりゃ、まぁ。
できることならば。
危ない目にはあいたくないし。
驚いてばかりじゃ身が持たないけれど。
それでも、まぁ。
それなりに。
長く生きていると。
危ないことや。
やっかいなことも。
それなりに。
刺激があっていいじゃんと。

生きてこそ。
生き延びてみるもんだとね。

僕らはみんな。
生きている。

生きているから。
楽しいことや。
嬉しいことも。
結構あるし。
生きているから。
危ないことや。
やっかいなことから。
刺激も受けられる。

生きてこそ。
生き延びてみるのも。
悪くはないよねと。

それにしても。
ちょいとばかし。
やっかいなことが。
多くはないかと。
まぁ。
それも。
生きてこそではあるけどね(苦笑)。

|

« 2010/12/18 Sat *忘れないで下さい / Keith Richards And The X-Pensive Winos | トップページ | 2010/12/21 Tue *異邦人 / Bob Seger & The Silver Bullet Band »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50391091

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/20 Mon *僕らはみんな / Thin Lizzy:

« 2010/12/18 Sat *忘れないで下さい / Keith Richards And The X-Pensive Winos | トップページ | 2010/12/21 Tue *異邦人 / Bob Seger & The Silver Bullet Band »